Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京ではコロナウイルスの発生が続いています。 米軍によると、日本と韓国で40件の事件が報告されている

ジョンズホプキンスコロナウイルスリソースセンターによると、日本の人口の約46%、つまり5,740万人が、コロナウイルスの完全なワクチン接種を受けています。 (アーロンキット/星条旗)

日本の首都東京は水曜日にコロナウイルスにさらに3,168の感染を追加しました。これは10日連続の1週間前に追加された症例の数が最も少ないとNHKは報告しました。

メトロ政府のデータによると、水曜日の東京の合計は、8月25日に計算されたものよりも1,060少ない。 7日間の移動平均は3,971に低下し、土曜日には最新のデータが利用可能です。 8月中旬には4,700に達しました。

ジョンズホプキンスコロナウイルスリソースセンターによると、ジョンは火曜日にさらに17,667人の新たに感染した人々と64人の死亡を記録した。 日本の人口の45.5%、つまり5740万人が完全にワクチン接種されているとのことです。

日本の米軍基地によると、8月25日以降、27人がコ​​ロナウイルスCOVID-19の検査で陽性となった。

軍事ニュースリリースによると、東京中心部の南西26マイルにあるキャンプジャマに本部を置く米軍は、21人が積極的に日本に到着したと述べています。

COVID-19および15の5つの報告された症状は、以前に影響を受けた個人の密接な接触としてすでに分離されています。 ある人は最近、日本に到着した後、禁止された運動でテストされました。

米陸軍駐屯地のフェイスブックの投稿によると、火曜日にジャマキャンプのジャマー中学校でCOVID-19陽性の男性がテストされた。 校長のHenryLefebvreによると、学校は閉鎖されなかったか、授業はキャンセルされました。

水曜日の予備ニュースリリースは、広島の南にある海兵隊の空港である岩国が火曜日以来、COVID-19を支持してさらに6人を受け入れたと述べた。 3つはすでに制限された操作であり、3つは制限されておらず、基本的な情報は提供されていません。

韓国の最新情報

米軍は、コロナウイルスに賛成して、8月9日から26日まで朝鮮半島に13人の新しい到着を発表した、と火曜日のニュースリリースが言った。

在韓米軍によると、8月25日と26日に米軍機で5人の軍人が海上空軍基地に到着し、8月9日から26日まで仁川国際空港に8人の軍人が飛行機で到着した。

9人は最初の必須のCOVID-19テストで陽性になり、4人は分離を終了するために必要なテストで陽性になりました。

USFKは、レッド指定地区のリストを更新し、7日間で10万人あたり50人以上のCOVID-19患者が確認されました。 これらの領域は、USFKの従業員にとって無制限です。

土曜日以来、リストはソウル、江南、ヨンテンポ、ジミョンの7から9の地区に増えました。 キャンプハンフリーズとオゾンが位置する平壌。 華川; கோசன்; நோன்சன்; 蔚山近くのユング。 そして張衡。

これらの地区の居住者または労働者は自由に旅行できますが、可能な限り活動を制限することをお勧めします。

韓国は火曜日に、ハンフリーズとオゾンにある韓国疾病管理庁によると、さらに2,025件のコロナウイルスの症例を報告した。ソウルで662件、京畿道で630件である。

ほぼ1580万人(人口の30.7%)が完全に予防接種を受けています。 毎日のKDCAの更新によると、さらに2,900万、つまり57%が2回接種ワクチンの最初の接種を受けました。

Stars andLinesのレポーターである比嘉真理がレポートに寄稿しました。

ジョセフ・ディッツラー



ツイッター


Eメール

READ  この研究は、現代日本の遺伝的降下の理解を書き換えます