Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京の腐敗しているが愛らしいカプセルタワービルは不確かな未来に直面している| 日本

世界中のファンを魅了する建築の好奇心、日本の会社のきらめくガラスの建物が支配する近所の同じコンクリートの箱の非対称の積み重ね。

しかし、中銀カプセルタワービルが東京の銀座地区の一角を半世紀近く占領した後、それは不確実な未来に直面しています。

1972年に建設された中銀は、巨大な構造に関する考えと、戦後の経済的および文化的ルネッサンスの物理的表現である有機的な生物学的成長に関する考えを融合させた、首都で唯一の代謝建築運動の例でした。

そのデザイナーであり、高く評価されている建築家の黒川紀章は、140のプレハブの自立型カプセルを、郊外の家への長い平日の通勤を避けたい専門家のためのピエ・ア・テールとして構想しました。

10平方メートルの各カプセルには、バスルームユニット、ソニートリニトロンテレビ、オープンリール式カセット/ラジオ、ターンテーブル電話、何世代にもわたる住民が東京の街並みを絶えず変化させているのを見ることができる大きな円形の窓が付いています。 2007年に亡くなった黒川は、新陳代謝のルーツに沿って、25年ごとにカプセルを取り外して交換することを意図していました。

しかし、ほぼ半世紀後、錆やコンクリートが通行人に落ちるのを防ぐために、現在はグリルで覆われている構造に時間がかかりました。

来春、建物が取り壊される可能性があるとの報道があり、残りの少数の居住者は、家やオフィススペースが間もなくなくなることを受け入れる必要があります。

中銀カプセルタワービル内のカプセルの内観
元居住者の石丸明子が中銀カプセルタワービルの浴槽に座る

中銀カプセルタワービルリノベーションプロジェクトの代表である前田達之氏は、中銀を現在の形で保存することは不可能であることが証明されたと述べ、過去12年間に購入した15の部屋の1つについてガーディアンに示しました。

「代謝のアイデアを生かし続けるために、カプセルは別の形ではありますが生き残ることを望んでいます」と、10年前に部屋の一部を貸し出し、ガイド付きツアーを行って維持するための資金を調達し始めた前田さん(54歳)は言います13階建て。 “。 建物。 「これは人々が住み、働く場所だけではありません。それは人々が創造的で革新的であるように刺激します。」

管理会社とカプセルの所有者が区画を売却することを決定した3月以来、約40人が去り、建築家、DJ、映画プロデューサー、広告で働く前田を含む小さいながらも折衷的な一団である20人のテナントだけが残った。 。 「決して離れたくないと言った人もいますが、その考えに慣れる必要があります」と彼は言います。

窓際に立つ中銀カプセルタワービル在住の前田達之の肖像

カプセルの取り外しと交換の計画は、高コスト、ロジスティック上の課題、および建物内の大量のアスベストに対する懸念のために取り壊されました。 10年以上お湯が出ていない構造に時間は優しくなく、さらに重要なことに、日本の厳しい耐震規制を満たしていません。

外国人投資家が建物全体の購入に関心を示したとき、中銀の将来は確保されたようだった。 しかし、コロナウイルスの大流行により、投資家が不動産を見るために日本に旅行することができなくなったため、交渉は終了したと、家族と近くに住んでいるが中銀で時折夜を過ごす前田氏は語った。

東京都銀座にある中銀カプセルタワービルの概観。

  • 上:中銀カプセルタワービルの概観
    下:スペインのサンセバスチャンでの展示会で、観光客は東京の中銀タワービルのカプセルの実物大のレプリカを見ています。

スペインの観光客は、東京の中銀タワービルのカプセルの実物大のレプリカを見る

カプセルの存続は、前田が解体してアスベストを除去し、国内外の美術館や美術館などに寄贈するというプロジェクトにかかっています。これは、少なくとも黒川の建築哲学に沿った提案です。

保護団体は、日本の短期間の代謝実験の遺産を保護する役割を果たすことを期待して、米国、英国、ドイツ、フランス、ポーランドの美術館から問い合わせを受けました。

「ヨーロッパ人はそのような建物を保存する必要性を理解していますが、日本はまだ撤退と再建の精神に導かれています」と、古い職場から建物を見つめながら中銀カプセルを購入することを決意した前田は言います。

銀座の中銀カプセルタワービルを通り過ぎる歩行者

パンデミックが発生する前は、世界中の人々が銀座のこの一角に集まり、最も有名な建築のランドマークを撮影していました。 外国人観光客は定期的にガイド付きツアーの日本人ファンを上回り、ファッションハウスは古い裏庭を使って写真を撮りました。 有名人の訪問者には、ヒュー・ジャックマン(2013年の映画「ウルヴァリン」に登場した中銀の外側)、フランシス・フォード・コッポラ、キアヌ・リーブスが含まれます。

「小さな島、森の真ん中、海底でもカプセルは完璧に見えるといつも思っていました」と前田は言い、カプセルの運命が変わるまで中銀で数泊するだろうと付け加えた。決定しました。

「日本では、近所の人に会うことなく、何年もアパートに住むことができます。しかし、ここでは誰もがフレンドリーで助け合う準備ができています。私たちは本当のコミュニティです。」

READ  Netflixがオンラインストアを立ち上げ、ストレンジャー・シングス、ウィッチャーをはじめとする番組商品を販売します