Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京は月曜日以来4番目の非常事態にあります

日本の首都は月曜日に4回目のコロナウイルス緊急事態に突入します。 このイベントはオリンピック期間中続き、8月22日に終了します。

首都圏の政府当局者は、レストランや居酒屋に酒やカラオケの提供を再開するよう求めています。 当局は、不必要な旅行や遠足を避けるために首都の人々に促しています。

しかし最近、東京では特に夜に外出する人が増えています。 土曜日の夕方までに、渋谷のスクランブル交差点周辺の人々の数は先週末からほぼ50パーセント増加しました。

東京は、1週間以上前の96日曜日に614件の新たな感染を記録しました。
首都での新しい毎日の症例は、週に22回連続です。

重症患者数は61名でした。40代から50代で重症が増加しましたが、60歳以上で確認されました。

専門家は、これらの傾向が高齢者に予防接種をする理由であると言います。 40歳から50歳までの人々への予防接種はあまり進んでいません。

一方、政府高官は、7月26日から、自治体がコロナウイルスワクチンを証明する文書の申請を受け付け始めると述べた。 これらの書類は一般にワクチンパスポートと呼ばれます。

READ  バイデンは日本をアジアにおける米国の政策の中心に据えている