Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京オリンピックの主催者は、贈収賄スキャンダルを個人的な問題として説明しています

2021年1月18日、東京都新宿区のオリンピック・リングを示すモニュメント(毎日新聞)

東京(弓道) – 今や消滅した東京オリンピック組織委員会のメンバーは、委員会の関与を否定し、元役員によって引き起こされた「個人的な問題」と呼んで、拡大するスポンサー贈収賄スキャンダルに終止符を打とうとしている.

小売業者 OK ホールディングスの元会長と他の 2 人の高官は木曜日、昨年のオリンピックのスポンサーになるために、組織委員会の役員である高橋晴行氏 (78) に賄賂を贈った容疑で法廷で認めた.

委員会は調査に協力すると述べた。

日本最大の広告代理店である電通の元専務取締役である高橋氏。 、国際オリンピック委員会と強いつながりがあります。

IOCのトーマス・バッハ会長は、スキャンダルに関する質問に答えず、彼の周りの関係者は、それが個人に関係しているとだけ言った.

2021年2月まで組織委員会の議長を務めた日本の森喜朗元首相は今月初め、東京で、贈収賄スキャンダルがスポーツを愛する人々を傷つけたことを残念に思っていると述べた.

しかし、彼はまた、問題は組織委員会やオリンピック関係者ではなく、個人にあると主張した.

2030年冬季五輪の札幌招致を視野に入れ、日本オリンピック委員会やスポーツ庁などの地元団体は、贈収賄問題の再発防止策をまとめて解決したいと考えている。

READ  マンチェスター シティ 0-1 チェルシー: チャンピオンズ リーグ決勝の選手の評価 | チャンピオンズリーグ