Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京オリンピック:ウガンダのチームメンバーの1人がCOVID陽性でした| オリンピックニュース

陽性の検査は、東京オリンピックに出場した選手の間で最初に検出された感染症でした。

ウガンダオリンピックのチームメンバーは、コロナウイルスの検査で陽性を示し、日本への入国を拒否されました。これは、東京オリンピックに5週間で到着したアスリートの間で最初に検出された感染症です。

チームの他の8人のメンバーは、コロナウイルスの症例がまだ報告されている大阪の中央日本の都市に向かう貸切バスで日曜日の早朝に出発しました。

西村康稔経済政策担当相は日曜日のNHKテレビで、政府は国境に関して何が起こったのかを調査していると述べた。

土曜日遅くに東京の成田空港に到着したアスリートは、アストラゼネカの注射で完全にワクチン接種され、搭乗前に陰性のPCR検査を受けた、と朝日新聞は匿名の内閣官房当局者が言ったと伝えた。

テストで陽性となったチームメンバーは特定されていません。

NHKは、個人は指定された政府施設に居住すると述べた。

批評家たちは、パンデミックの真っ只中にオリンピックを開催することのリスクについて深刻な疑問を投げかけています。 しかし、国際オリンピック委員会、東京の主催者、そして日本政府は、オリンピックは安全に開催できると主張している。

野党議員の蓮舫氏はツイッターで「ちょっと待ってみよう」と述べた。 今回は9人が到着しました。 オリンピックでは、10万人が到着します。 これが私たちの子供たちにとってどのように影響力のある経験になるかについて話す時ではありません。」

日本は海外到着のために2週間の検疫を要求しますが、オリンピックチームは同じ国境管理の対象ではありません。

月曜日に、主催者は何人かの地元のファンがスタンドにいることを許可することを決定することが期待されています。 東京のマスパブリックビューイングサイトの計画は土曜日にキャンセルされました。

海外からのファンは数ヶ月前に禁止されました。 パンデミックの前に、日本は繁栄する観光と個人消費を提供するためにオリンピックに依存していました。

ウガンダチームは、オーストラリアの女子ソフトボールチームに続いて、7月23日に開幕するオリンピックに出場した2番目のチームでした。

ウガンダではCOVID-19の亜種が驚くほど増加しており、封鎖措置が強化されたばかりです。 テストが不足していることを考えると、約590人の死亡が報告されており、おそらく過小評価されています。

日本では、日曜日に東京、大阪、その他の都市部でウイルスの拡散を抑制する非常事態が終了しますが、毎日の症例数はまだ数百人増加しています。

日本では封鎖はありませんでした。 今年のほとんどが続いたいわゆる緊急事態は、レストランや店舗を早期に閉鎖し、場所の混雑を制限し、人々に社会的距離、在宅勤務、マスクの着用を要求することに焦点を当てています。

日本の予防接種率は先進国の中で最も遅く、人口の約6パーセントが完全に予防接種を受けています。 引き算のプロセスは徐々に増加していますが、ほとんどの人がオリンピックの前に予防接種を受ける可能性は低いです。

日本では14,000人以上がコロナウイルスで亡くなっています。

READ  日本銀行は、脆弱な回復を支援するためにエピデミック支援スキームを拡大する可能性があります