Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京オリンピック:世論調査によると、日本人の60%がオリンピックのキャンセルを望んでいます| オリンピック競技

東京オリンピックの準備は、オリンピックが始まる3か月以内に、日本の60%近くの人々がキャンセルを望んでいることを世論調査が示した後、さらに後退しました。

日本は東京や他の多くの地域で非常事態宣言を5月末まで延長しました。これは、新しい、より伝染性の高い亜種によって引き起こされたCovid-19症例の増加を抑えるのに苦労しており、医療スタッフは一部の手術地域の医療サービスが崩壊寸前。

パンデミックにより1年遅れたオリンピックは、国際オリンピック委員会や主催者がアスリートや他の来場者、そして神経質な日本人の安全を確保するための措置を主張するため、7月23日に開幕する予定です。 。

保守的な読売新聞が5月7日から9日にかけて行った世論調査では、59%が試合のキャンセルを望んでいたのに対し、39%は試合を開催すべきだと答えた。 「延期」(国際オリンピック委員会によって除外されたオプション)は、オプションとして提示されませんでした。

オリンピックを続けるべきだと答えた人のうち、23%が観客なしで開催すべきだと答えました。 外国人観客は禁止されていますが、現地参加の最終決定は6月に行われます。

週末にTBSNewsが実施した別の世論調査では、65%がゲームをキャンセルまたは延期したいと考えており、37%がイベントを完全にキャンセルすることを投票し、28%が別の遅延を求めています。 共同通信が4月に実施した同様の世論調査では、70%がオリンピックのキャンセルまたは延期を望んでいたことが示されました。

開会式前の70日強の間、国民の反対が堅調に続いており、IOCと日本政府は、大会の運命を決定する最終的な責任者について、相反するメッセージを送っているようです。

国際オリンピック委員会のジョン・コーツ副委員長は土曜日、オリンピックに対する日本の感情は「懸念」であるが、スポーツの試合が継続しないシナリオを予見することはできなかったと述べた。

日本の首相は2、3週間前にこれを米国の大統領に話しました。 「彼はこれを国際オリンピック委員会に伝え続けている」とコーツ氏は語った。

しかし、月曜日に、日本の菅義偉首相は、彼の政府が公衆衛生よりも大会を優先していなかったと主張して、IOCが最後の言葉を持っているだろうと言いました。

議会委員会での質問に対して、Covid-19の負傷者が増えても試合は続くかどうかという質問に対して、菅氏は「オリンピックを最優先しなかった」と答えた。

「私の優先事項は、日本人の生命と健康を守ることでした。 まず、ウイルスの拡散を防ぐ必要があります。」

菅は、Covid-19の症例が急増したにもかかわらず、オリンピックを進めることを繰り返し誓いましたが、TBSの世論調査では、彼の支持率は40%で、今年初めに過去最低に近いことがわかりました。

フジニュースネットワークは月曜日に、複数の未知の情報源を引用して、来週6月に開催される予定の国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ委員長が日本への訪問を手配したと報じた。

日本のメディアは、バッハが5月17日に広島で開催されるトーチリレーイベントに参加すると報じたが、東京2020の主催者は、訪問は確認されていないと述べた。 ラジオによると、彼の訪問の基本的な条件の1つは、対象となる日本の非常事態宣言を解除することだという。

今年の夏に大会を開催することに公然と反対する著名なアスリートはいないが、日本のテニススター、大坂なおみは、パンデミックの中でイベントを開催することのメリットについて話し合う時が来たと語った。

世界準優勝者は、この問題が「人々を非常に不快にする」限り、ゲームの構成について話し合うべきだと述べた。

「もちろんオリンピックを開催したいのですが、特に昨年は重要なことがたくさん起こっていると思います」と彼女はイタリアオープン前の記者会見で語った。

「予想外のことがたくさん起こりました。私にとって、それが人々を危険にさらすのではないかと思います…それは間違いなく議論でなければなりません。それは今のところだと思います。結局のところ、私はただのアスリートです。 、そしてパンデミックが起こっているので、そうです」。

ウイルスはトーチリレーと予選を混乱させました。 先週、カナダの体操選手は、コロナウイルスの懸念のため、6月のリオデジャネイロでのオリンピック予選にチームを送ることはないと述べ、芸術、女性、新体操の体操選手が東京で完走する機会を事実上奪っています。

日本は60万件以上のコロナウイルスの症例と10,500人以上の死亡を記録しており、これは東アジアで最も多い。 土曜日には、7,000件を超える感染が報告されました。これは1月以来の最高レベルです。

また、2月中旬に発売されて以来、日本では1億2600万人のうち少なくとも1回の接種を受けているのは約2%に過ぎず、病院は新たに診断された人々の病床確保に苦労しています。

東京の西にある立川の病院は、医療能力が限界に達したことを警告するサインを表示します。 「息抜きをしてください!オリンピックは不可能です!」と彼女は言います。

保健省のデータによると、症例数が急増している大阪府では、病院が満員であるため、Covid-19と診断された13,000人以上が家にいるように言われています。

READ  月の暗黒面に関する新しい科学的調査