Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京オリンピック:日本人の80%以上がゲームのホスティングに反対-世論調査| 日本

日本人の80%以上が今年のオリンピックの開催に反対しており、月曜日に発表された世論調査では、東京オリンピックはわずか10週間先であると述べています。

国がウイルス感染の第4の波に苦しんでいるので、最新の調査は日本が金曜日にコロナウイルスで非常事態を延長した後に来ます。

暴動は国の医療制度に圧力をかけ、医療専門家は不足と火傷を繰り返し警告している。

週末 調査 朝日親藩デイリーでは、43%の回答者がゲームのキャンセルを希望し、40%がさらに延期したいと考えています。

それらの数字は、1か月前の調査でキャンセルを支持した35%、および遅延を望んでいた34%でした。

3,191件の電話に対する1,527件の回答の世論調査によると、サポートは今年の夏に計画された14%からわずか28%に低下しました。

ゲームが進むにつれ、回答者の59%が視聴者を嫌い、33%がファン層の減少を支持し、3%が通常のスキルゲームを支持しました。

何ヶ月もの間、世論調査は日本の大多数がこの夏の大会の開催に反対していることを発見しました。 スタンドアロン 投票 日曜日に発表されたKyotoNewsは、回答者の59.7%がキャンセルしたことを示しましたが、それ以上の延期はオプションとしてリストされていませんでした。

オリンピックの主催者は、アスリートの定期的なテストや外国人ファンの禁止など、厳格なウイルス対策により、スポーツを安全に保つことができると述べています。 しかし、京都の世論調査では、87.7%の人が海外からの選手やスタッフの到着がウイルスを広めるのではないかと心配している。

日本では、他の多くの国よりもウイルスの発生が少なく、これまでのところ死者は11,500人未満です。 しかし、政府は比較的遅いワクチンのロールを推進しています。

京都世論調査の回答者の85%は遅いと考えており、71.5%は政府による流行への対応に満足していないと述べた。

READ  マシューズは、アジア太平洋および日本のファンドの共同リーダーを推進しています