Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京国際映画祭が日本の監督田中喜乃代を称える-ハリウッド・リポーター

東京国際映画祭では、戦後日本初の女性監督としてスタートしたスクリーンの伝説、田中喜乃代監督の6本の映画のうち4本を上映しています。

1909年生まれの田中は、松竹でわずか15歳でデビューし、20年以上後に渡米した後、フリーエージェントになるまで一緒に仕事をしていました。

プレゼンター向けのトークショーで、国立フィルム・アーカイヴの富田美香は、田中は「女優として有名で、チャップリンのように彼女の名前で上映された」と述べた。

女優との彼女の最も注目すべきコラボレーションは、伝説的な監督の水口健二とのコラボレーションでした。彼は、次のような古典を含む15本の映画に出演しました。 柔術 (1953)と サンチョビリーブ (1954)。

水口は1936年にデビューした日本初の女性監督、酒館拓を監督した。しかし、田中がフェミニストとして描写したにもかかわらず、 私の愛の炎 (1949)や他の映画では、監督はカメラの後ろで彼女のキャリアに反対したので、彼女は彼を許しました。

カンヌの映画監督であるクリスチャン・ジョンによると、6つの作品はすべてデジタルで作り直されており、カンヌとリヨンで上映された後、今年フランスの映画館で上映される予定です。

「もちろん、私は彼女を女優として知っていました。ジョンは、彼女が監督した映画を発見したことは芸術的に大きな驚きだったと言いました。これらの6つの映画が注目されていない理由を理解するのは難しいと思います。これらは、映画の歴史の一部です。彼女は女性だったので?これらの映画が日本で劇場で上映されることを願っています。

「1950年代に、彼女は女性の権利などの難しい問題について話していました。 永遠の胸乳がんを非常に直接的な方法で扱っています。日本だけでなく、世界中の誰もこれに取り組んでいません」とジョンは付け加えました。

田中はまた、売春やその他の物議を醸す問題についての映画を制作し、演じてきました。

由紀子監督は、田中の日本の映画産業における重要性について、「女性や女優としての経験が演出に反映されていると思う」と語った。

富田氏は、「田中が1960年代に映画製作をやめた後、何十年もの間、他の偉大な女性監督は日本に現れなかった。そして、女性の生産が彼らの標準になったのは比較的最近のことだ」と述べた。

田中は亡くなる1年前の1976年まで映画やテレビで活動を続けた。

東京フェスティバルが4Kデジタルリマスターを披露 月が昇った (1955)、 さまよう王女 (1960)、 十字架につけられた下の愛 (1962)および 永遠の胸/永遠の女 (1955)。

READ  日本の三浦株式会社が名古屋で事業を開始