Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京都はペロブスカイト技術を活用した太陽エネルギーの未来に向けて取り組んでいます

東京都はペロブスカイト技術を活用した太陽エネルギーの未来に向けて取り組んでいます

ペロブスカイト太陽電池は日本独自の技術です。 主要物質であるヨウ素は世界の生産量の約3割が日本で生産されている。

東京都の吉田真一氏は「ペロブスカイト太陽電池は、従来のシリコン太陽電池に比べて非常に薄くて軽い。また、曲げることができるため、さまざまな場所に設置できる。今後の普及が期待される」と述べた。次世代の太陽電池になります。」

「東京都は、2030年までに再生可能エネルギーの利用を約50%に高めるべく、さまざまな取り組みを行っています。複数の建物を活用することで、この新技術セルをさまざまな場所に設置することができ、エネルギー拡大の加速が大いに期待されています。 」と彼は付け加えた。

森ヶ崎水再生センターは、東京都内の排水を浄化して川や海に放流する施設です。

都内にある13施設の中で最大規模です。 動作するには大量の電力が必要です。

森ヶ崎センターでは節電と脱炭素化を進めるため、太陽光パネルを複数設置しています。

東京都は将来の可能性を見込み、ペロブスカイト太陽電池の作製を受け入れる。

「森ヶ崎水再生センター東施設には4,000枚以上の太陽光パネルが設置され、年間100万キロワット時以上の電力を発電しています。ペロブスカイト太陽電池は現在検証中ですので、衛生管理については、今後も再生可能エネルギーの導入に取り組んでまいります。

東京都は、清潔で快適で持続可能な都市づくりを目指し、着実な取り組みを進めています。 (私が)

このレポートは、ANI News Service から自動的に生成されます。 ThePrint はその内容について一切の責任を負いません。

READ  テクノロジー、災害救援、クリーン エネルギーのスタートアップで先頭に立つ