Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京都知事は若者にワクチン接種を受けて増加を遅らせるように促す

東京(AFP)-小池百合子東京都知事は水曜日、オリンピック期間中の増加を遅らせるための鍵となる活動であるとして、若者に感染と予防接種の数を減らすための対策に協力するよう促した。

火曜日に、日本の首都は、1月の以前の記録を超えて、2,848の新しい感染症例を発表しました。

小池氏は、高齢者の大多数は完全に予防接種を受けており、その中の感染は大幅に減少しているが、ほとんど予防接種を受けていない若者は現在、新しい症例を管理していると述べた。

「若者の活動が(感染を遅らせるための)鍵であり、私たちはあなたの協力が必要です」と小池氏は語った。 「不必要な外出を避け、基本的な感染管理措置を講じてください。若い人たちに予防接種を受けてもらいたいのです。」

火曜日の時点で、日本の人口の25.5%が完全にワクチン接種されています。 完全ワクチン接種を受けた高齢者の割合は68.2%、つまり3600万人です。

若者の予防接種の見通しは改善されており、職場や大学ごとに予防接種を整理できる人もいれば、年功序列に基づいて待機している人もいます。 しかし、若者の間でも躊躇する懸念があり、世論調査では、副作用についての誤った噂もあり、多くの若者が疑問を持っていることが示されています。

若い人たちは、レストランや店の営業時間外に繁華街を歩き回ったり、ウイルスが広まったりしたことで非難されています。 東京はオリンピックを通過する第4の非常事態下にありますが、主に施設にアルコールの提供を停止し、労働時間を短縮することを要求することに焦点を当てています。 一般に公開されている措置は要求のみであり、ますます無視されています。

菅義偉首相も、本質的でない外出を避けるよう人々に促したが、東京と隣接する千葉県、神奈川県、埼玉県でファンなしで開催されている試合を中断することを検討する必要はないと述べた。

三地域の知事は、東京での事件の多さに警鐘を鳴らし、水曜日に、彼らは共同で菅に彼らの県も非常事態に置くように頼むことを計画していると言いました。

全国的に、日本は過去24時間で5,020例を報告し、合計870,445例、15,129例の死亡が確認された。

日本は他の多くの国よりも症例数と死亡数を低く抑えています。 ジョンズホプキンス大学のデータによると、7日間の平均症例数は10万人あたり約3.57であるのに対し、インドでは2.76、米国では17.3、英国では53.1です。

READ  バイデンは9月からブースターワクチンを推進