Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京電力は、福島原子力発電所からの汚染水の海への放出の承認を求めている

東京電力持株会社(TEPCO)は火曜日、被災した福島第一原子力発電所から処理済み放射性水を放出する計画について規制当局の承認を申請した。

計画が原子力規制当局によって承認されれば、会社は本格的に準備を開始します。

東京電力は、2011年3月の東日本大震災と津波の後に前例のない三重崩壊が発生したプラントを解体するために必要な機器の設計と運用方針について原子力規制委員会の承認を得る必要があります。

東京電力は今年8月、福島第一原子力発電所1号機から100倍以上の海水希釈を経て、新設の海底トンネルを経由して1キロ離れた海に処理水を放出する計画を発表した。

希釈は、利用可能な技術では除去できない水中のトリチウム濃度を、州が指定した安全基準の40分の1未満に減らすように設計されています。 トンネルの出口は、釣りが行われていないエリアに配置されます。

原子力規制委員会による放水計画の検討について、更田豊志会長は先週、「大きな技術的困難はないと思うので、それほど時間はかからないだろう」と述べた。

東京電力が損傷した原子炉内の核燃料の残骸を冷却し続けているため、放射性物質で汚染された水の量はプラントで増加しています。

水はタンクに貯蔵する前に処理されますが、処理に使用される装置では放射性物質であるトリチウムを除去できません。

4月、政府は海に水を汲み上げることを決定しました。 しかし、漁師や地方自治体を含む地元の政党は激しく反対している。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ライブマーケット、2021年5月6日木曜日