Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京2020パラリンピック:COVIDの症例が増え続けているため、観客はゲームに参加できません。 オリンピックニュース

パラリンピックは8月24日に東京で開催される予定です。 主催者間の会議後にファンを許可しないという決定。 オリンピックもこの夏、観客なしで市内で開催されました。 4,000人以上のアスリートが参加する予定です

最終更新:16/8/21 12:47 PM

主催者は、コロナウイルスのパンデミックのため、すべてのファンが日本のパラリンピックに参加することを禁じられると、最近完了した東京オリンピックのときと同じように、月曜日に語った。

オリンピック期間中はいくつかの例外があり、一部のファンは東京から離れた遠隔地で許可されていました。 ただし、パラリンピックでは、一部の子供が不特定のイベントに参加する場合を除いて、すべてのファンが禁止されます。

主催者はまた、ロードイベントを見に出かけないように国民に求めた。

この決定は、国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ委員長、橋本聖子組織委員会委員長、小池百合子東京都知事、丸川珠代オリンピック大臣との会談後に発表された。

パラリンピックは8月24日に始まり、約4,400人のアスリートが参加します。これは、11,000人のアスリートが参加するオリンピックよりもはるかに小規模なイベントです。 しかし、パラリンピックは東京で新たな感染が加速し、COVID-19に最も脆弱なアスリートをさらす可能性があるために起こります。

パーソンズ氏は記者会見で、オリンピックをきっかけに自己満足の余地はないと語った。

「東京と日本の現在の数をより広く考慮して、これらのゲームに参加するすべての人は警戒する必要があります」とパーソンズは言いました。

東京での新たな感染はオリンピックから17日以内に3倍になりましたが、医療専門家によると、この増加は東京オリンピックに直接関係していないとのことです。 代わりに、専門家は、観客が気を散らされ、ゲームの組織によって提供された誤った安心感が鎮められる波及効果を提案しました。

菅義偉首相は月曜日、事態が悪化する中、東京などの非常事態宣言は9月12日まで延長されると述べた。

パラリンピックゲームは9月5日に終了します。

菅首相は他の閣僚と会談した後、「感染症の増加は驚くべき記録的なレベルに達した」と述べた。

金曜日に、東京は5,773件のケースを記録しました。これは新記録です。 日曜日に、日本の首都は4,295件を記録しました。 死傷者の増加は、医療システムに深刻な負担をかけています。

日本は15,400人の死者をCOVID-19に帰した。

READ  コリン・ルーニーとの名誉毀損の戦いの最終段階でのレベッカ・ヴァーディの勝利