Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京2020:オリンピックで南スーダンに根付いた日本の都市

現在南スーダンを代表する21歳のオリンピック選手であるギムは非常に速かったので、彼はすぐにコーチの注意を引き、彼は彼に適切なスニーカーとスポーツウェアを購入しました。

しかし、新進の陸上競技選手として、彼の高校は彼に奨学金を与え、彼にランニングシューズを貸し出し、彼は卒業後に次の学生に持ち帰りました。

南スーダンの意欲的なアスリートにとって、トレーニングは常に課題でした。 ゴメ氏によると、彼らの多くは、1日1食を食べて、でこぼこの岩場でトレーニングするのに苦労しているという。

「アスリートの60%は靴さえ持っていないので、裸足で走っていると思います」と彼は付け加えました。

2011年、南スーダンは独立を果たし、世界で最も新しい国になりました。 しかし、内戦は2年後に勃発し、Aの死をもたらしました。 推定 40万人が住み、数百万人がアフリカで最大の難民危機を引き起こし、シリアとアフガニスタンに次ぐ世界で3番目に大きな難民危機を引き起こしています。
困難にもかかわらず、ゲムの走りは続いた。 モロッコで開催された2019アフリカ競技大会で、南スーダンが勃発しました 国家登録 1500メートルの距離で、彼の国のオリンピックチームの一員として選ばれました。
どこ 2019年11月彼と他の3人の南スーダンのアスリートとそのコーチは、東京から車で約2時間の群馬県前橋の小さな日本の町に住み、トレーニングをしていました。

オリンピックチームを主催するためにサインアップした多くの日本の町や都市は、パンデミックが続いているために計画を再考しなければなりませんでしたが、メイバシは例外です。

パンデミックが大会を1年遅らせたとき、オリンピック選手とそのコーチがメイバシに留まることを確実にし、オリンピックを強化するために、2020年12月に35万人の市が全国で30万ドル近くの税金とランニングシューズやスポーツ用品などの寄付を集めました。 レガシー。

スポーツと孤独

ジムは、彼と彼のチームが南スーダンの自宅での団結の重要性を促進する使命を帯びていると語った。

1500mのランナーは、地元や全国大会で自分以外の南スーダンを代表しようとしたと語った。

彼は、「私は自分の故郷や州をめぐって競争することは決してありませんが、常に他の国々が彼らへの愛を示し、それらがすべて平等であることを求めています」と述べました。

この考え方は、他国の成長を支援する政府機関である国際協力機構(JICA)と南スーダン文化省が共催した南スーダンのスポーツフェスティバル「全国統一デー」と一致している。 。 そして若者とスポーツ。 5年目となるこのイベントには、南スーダン全土から集まった若者たちが集まります。

南スーダン各地から集まった若者たちが全国ユニティデイスポーツフェスティバルに集まります。

参加者は、目と目が合わない可能性のあるさまざまな部族や民族グループから来ていますが、スポーツフェスティバルは彼らが共通の基盤を見つけるためのスペースを提供します。 2016年に参加したジムは、たとえば若者はみんな同じ建物で寝て、一緒に食事をし、自由に交流し、お互いを知ることができると言いました。

「スポーツは南スーダンのような国にとって非常に必要な統一要素です」と彼は付け加えました。 「あなたが戦争をし、いつも離れているとき、あなたは集まりません。そして、男性は他の人とは異なる考え方で戻ってきたと確信しています。」

「スーパーヒーローのように」

日本では、ゴメ氏と彼のチームは、目標を達成するために取り組むべき安定した環境を見つけたと語った。

東京2020の延期も、彼らに訓練するためのより多くの時間を与えました。 南スーダン初のパラリンピック選手であるマイケル・マシクさん(30歳)は、日本にいる間、2人の最高の選手のうちの最高の選手を破ったと語った。

「それは私にパラリンピックのトップアスリートと競争する希望を与えてくれます」と彼は言いました。

南スーダンのチームとコーチのジョセフ(左端)がメイバシの自動販売機の前で、自国の旗を掲げています。

南スーダンのオリンピック選手は、トレーニングに加えて、他のいくつかの国際チームが行う機会があることを行いました。 過去1年半の間、彼らはメイバシの住民に会い、地元の料理を試食し、週に4回日本語とコンピューターのクラスに参加しました。

「メイバシでは見知らぬ人のようには見えない。まるで社会の一員のようだ。スーパーヒーローだと思う」とJICA国際協力コーディネーターの宮田ショーーニャ氏は語った。

このファンベースは彼らに確固たる支持基盤をもたらしました。

これまでにJICAはアスリートの募金のために3,000枚以上のTシャツを販売してきました。 地元企業も参加しました。 メイバシの歯科医師会は、アスリートの滞在中無料でケアを提供することを約束し、南スーダンのチームをサポートするためにメイバシに10台の自動販売機が設置されました。

オリンピックの遺産

来年は、ナショナルユニティデーに活躍した2人のアスリートを招待し、メイバシで6ヶ月間過ごします。 長期合宿。 メイバシ市の梶原真一氏によると、目標は南スーダンの次世代アスリートを支援することです。

「南スーダンのアスリートを通して、私たちは一緒に平和について考え、それが当たり前のことではないことに気付く機会がありました」とメイバシの役人である袴原真一は言いました。

「メイバシの人々はオリンピックでこれらのアスリートを応援します。」

しかし、ゲームが間近に迫っており、7月23日の開会式では、東京がどのようにしてメガスポーツイベントを開催し、ボランティア、アスリート、役人、そして日本国民をCovid-19から安全に保つことができるかについて疑問が残ります。

3分の1、エイブラハムマジョークマテットジャムと彼のチームは、南スーダンへの平和と団結のメッセージを促進するためにオリンピックに参加していると述べました。
この懸念は、日本の第4波との戦いによって増幅されました。 通過した状態 647000 水曜日のコロナウイルスの総症例数、および東京を含む多くの都道府県は、5月末まで非常事態にあります。
これまでのところ、予防接種を受けたのは日本だけです 440万 1億2600万人の人口のうち、完全に予防接種を受けたのは人口の約1%にすぎません。

別のオリンピックの遅れの考えはゴメの心にあります、しかし今のところ、彼はまだ希望を持っています。

「事件が増えているようで、不安は常にあるので、それでも心配ですが、オリンピックが開催されると確信しています」と、他の若者に彼らのエネルギーを開発に向けるように促したいゴムは言いました。南。 スーダン。

「私は私のためではなく、私の国のためにそれをしている。私は私の国で平和を作りたい」とゴメは言った。

READ  第二次世界大戦で戦った二世として知られる日系アメリカ人兵士を偲んでスタンプ| 地元のニュース記事