Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東南アジアのデルタ波が日本に移民労働者の奪還を迫る

ジャカルタ/シンガポール-コロナウイルスの非常に伝染性の高いデルタ変異体が東南アジアの多くを襲うにつれて、日本の企業や当局は日本国民を本国に送還しようとしています。

現地時間の金曜日の正午に、在インドネシア日本国大使館は、2,000人近くの人々が乗船することを望んでいる国に住む市民のための日本へのチャーター便の座席の要求を受け取るのをやめました。 全日本空輸は水曜日に運航を開始し、7月25日に日本航空が運航する予定です。

COVID-19の世界最悪の発生を経験しているインドネシア、および記録的な症例の波を見た他の国々の急速に悪化する状況は、彼らを安全に逃げさせ、多くの製造業者に事業の縮小を余儀なくさせました。

同時に、日本はアジアにワクチンを送っています。 台湾、ベトナム、インドネシアは、今週、茂木敏充外相が発表した計画に基づいて、それぞれさらに100万回の投与を受けており、累計で337万回、310万回、200万回の投与となっています。

Our World in Dataによると、インドネシアでの7日間の新しい毎日の感染の移動平均は木曜日に44,145に達し、以前のブラジルの感染率を上回りました。 症例数は木曜日までの4日間連続で新記録を打ち立て、金曜日に国は過去24時間で1,205人の死亡を報告しました。これはこれまでで最も高い割合です。

日本の茂木敏充外相は、台湾、ベトナム、インドネシア向けの追加ワクチンを発表しました。 ©ロイター

大使館によると、金曜日の時点で約360人の日本人がウイルスに感染し、14人が死亡した。

三菱重工業、IHI、三菱電機、日本電信電話、三井物産。 三菱商事金曜日までに日本人労働者は国を離れることが許可されます。

パナソニックは、電子機器や部品の製造を継続しているため、インドネシアの生産施設の従業員数を半分以上削減しました。 トヨタ自動車は月曜日から通常操業に復帰するための規模や時間枠の詳細を明らかにせずに減産を開始したが、ダイハツ工業はコロナウイルス感染前のレベルと比較して約30%減産した。

マレーシアの日本大使館は、日本人居住者からも飛行機のチャーターの有無についての問い合わせが増えており、木曜日の1日あたりの症例数は13,000件を超え、これまでで最も多い。 大使館によると、より多くの企業が移民労働者とその家族を日本に連れ戻すことを検討している。

発生自体の影響は、そこでの封鎖によって悪化し、それが主に重要でない事業の閉鎖につながった。

「操業を継続できる業界でも、部品サプライヤーが閉店しているため、実際に工場を稼働させ続けることができない企業が多い」と、長期的な景気低迷を懸念する日本企業の幹部は語った。

タイでの毎日の感染は数日間で8,000を超え、金曜日に報告された9,692の新高値に達し、バンコクやその他の場所での可変デルタスイープとして、1週間で累積合計が約20%増加して380,000を超えました。

保健省によると、バンコクの重症患者のための1,000の病床の約90%が木曜日に占有されていた。 多くの日本人居住者が利用している首都のサミティヴェートスクンビット病院は、コロナウイルス患者のための72の標準室と18の集中治療室を完全に埋めていました。

さまざまな産業の製造拠点であるこの国は、まだ生産に大きな打撃を与えていませんが、それは長続きしないかもしれません。 そこでスマートフォンを製造しているソニーグループは、最近の夜間外出禁止令により、部品供給に潜在的なリスクがあると考えています。

ミャンマーでは、日本大使館が火曜日に日本人にメールを送り、彼らが国内にいることが不可欠でない場合は帰国を検討するよう促した。

保健省は、1日あたり4,000を超える新しい症例を報告しています。これは、テストがCOVID-19の症状を示す人々に限定されているため、非常に控えめな数と見なされています。 2月のパンデミック発生後の混乱により、医療制度はすでに緊張しており、多くの住民は自宅で治療を受けるしかない。

READ  アルケゴスの喪失とリスク管理の問題により、野村は米国の戦略を再考することを余儀なくされる可能性があります