Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東南アジア諸国連合の経済成長を推進するサーキュラーエコノミーの可能性

クアラルンプール(5月24日):サーキュラーエコノミーの概念は、ASEAN地域の経済成長を刺激する可能性があるとASEANおよび東アジア経済研究所の運営責任者である八山浩二は述べた。

サーキュラーエコノミーは、製品ライフサイクルの最後に材料の回収を優先して、スマートシティやリサイクルなどの生産と廃棄物の排除にリソースを戻す経済概念です。

サーキュラーエコノミーを構築するためには、かなりの民間投資が必要であり、社会システムを変えるための新技術の創出が必要になる可能性があるとコギ氏は語った。

「サーキュラーエコノミーは長期的な貢献をするでしょう。そしてASEANの方法は、地域の国々の間のより良い調整のために尊重されるべきです。

「サーキュラーエコノミーは、ASEAN諸国間の経済統合の強化にも貢献している」と彼は本日の「東南アジアの変革、日本のビジネスの変革」と題した日アジアビジネスウィーク会議で述べた。

特に中小企業(SME)にとって、国際的な生産ネットワークの重要性と生産コストが強調されました。

「事業を始める前に、彼らは持続可能な資金調達の実行可能性を確保しなければなりません。

「この原則を使用することで、インダストリーレボリューション4.0に参加している国々全体で、対応の枠組み、制度化、意識向上などの結果を得ることができます」と彼は言いました。

いくつかの国のサーキュラーエコノミーの法的枠組みを引用し、マレーシアには調達に関するガイドラインがあり、タイには国の廃棄物管理マスタープランがあり、インドネシアには家庭廃棄物管理の方針と戦略があると述べた。

彼は、高度な技術を備えた日本は、ASEANとのサーキュラーエコノミーへの参加を国民に奨励していると述べた。

5日間の日アジアビジネスウィークは、地域と日本の複数の組織が主催するオンラインイベントです。

また読む:
協会は民間部門との協力を促した

READ  日本の工場活動は2018年以来最も上昇し、経済ニュースと最も重要なニュース