Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本の小学校の校庭をうろうろする首輪をつけた一対の犬

東日本の小学校の校庭をうろうろする首輪をつけた一対の犬

警察車両には赤い点滅灯が見える。 (毎日新聞)

千葉市 – 通行人からの苦情で、12月. 警察は 12 日、ここの小学校の校庭で 2 匹の大型犬が歩き回っているのを発見し、最終的に 2 匹の犬歯を捕獲することができました。

千葉市周防区で午前10時ごろ、女性から犬がうろついているとの通報があった。

警官は学校のスタッフと協力して犬を鎮圧しました。 近所の女性がドッグフードを差し出し、敷地内のフェンスで囲まれた隅に動物をおびき寄せるのを手伝いました。 約40分後、犬は捕まりました。 負傷者は報告されていません。

警察によると、犬は近くに住む60代の男性のものだった。 1 つはアメリカン ピット ブル テリアで、もう 1 つはピット ブルの一部である混合品種です。 飼い主は警察に、散歩中に犬が脱走したと語った。 首輪を外した後、別の方向を見ると、彼らは姿を消しました。

【長沼達也】 マイニュース

READ  注目:遠藤航が日本代表としてドイツを制覇