Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本出身の女性が221匹の犬を恐ろしい状態に保つための裁判に直面している





千葉県警の写真は、女性の家にいる犬の姿です。 何匹かの犬は全身に糞便があり、涙が目に入ったと伝えられています。





千葉県警が提供したこの写真は、女性の家で犬が混雑した状態で飼われている様子を示しています。

千葉県警は、動物福祉管理法に違反して200匹以上の小型犬を不衛生な状態に保ったとして、63歳の失業者の女性を6月14日に検察に報告した。

千葉県八街市在住の女性は、容疑を認め、捜査官に「間違いなく虐待だ」と語った。

容疑者は、3月2日に221匹の小型犬を混雑した状態で、廃棄物を適切に処分しないなどの不衛生な方法で自宅に飼っていたとして特に非難されています。

県警の生命安全課によると、容疑者は221のマルタとシーズーのハイブリッドを飼っていた。 女性は、犬の繁殖の制御を失い、家庭内の犬の数を追跡することができなかったため、2012年頃から動物を備蓄していると考えられています。

旅館公衆衛生は何度も家の掃除を命じてきましたが、環境は改善されておらず、ここ数年、悪臭や吠える犬について近隣住民から苦情が寄せられています。

郡警察が3月に彼女の家を襲撃したとき、犬の多くは糞便を持っていて弱っていました。 現在、約200頭の犬が州政府やその他の機関の保護下にあります。

(千葉支局長沼達也による日本語原作)

READ  この木製のナイフがジューシーなミディアムディッシュステーキを簡単にスライスするのを見てください