Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本大震災を教訓に能登での支援活動

東日本大震災を教訓に能登での支援活動

日本の能登半島で元旦に起きた壊滅的な地震により、今も苦しんでいる人々にプロジェクトが支援を行っている。 2011年の東日本大震災から学んだ教訓を生かしている。

石川県では地震の影響を受けた4,700人以上の住民が、指定された避難所に移らず、被災した家で暮らし続けている。 しかし、実際の数はさらに多いと考えられています。

こうした住民を支援するために、さまざまな取り組みが行われています。

阿部智之は日本の東北部盛岡市出身です。

彼は、2011 年の震災後に設立された復興支援センターでライフカウンセラーとして働いた経験を活かしています。

被災した住民が被災した家でどのように暮らしているかを正確に反映するために、食料という形で支援を提供したいと考えている。

安倍首相は、住宅の被害に関係なく、各人の尊厳を尊重し、ニーズに応えることが重要だと述べた。

東北大学の研究チームは、2011年の地震の生存者8000人以上の医療記録を分析した。 データによると、避難所にいる人々は平均13日間で治療を受けることができた。

しかし、自宅に留まった人々は平均約19日間適切な治療を受けることができなかった。

当局がニーズを特定するためにさらに時間が必要だったためだ。

被災者支援の専門家は、現在の災害救援活動は避難所にいる人々に焦点を当てており、自宅にいる人々のことは考慮されていないと述べた。

大阪首都大学の栂野拓准教授は、生存者のニーズを特定し、全国からどれだけの支援が寄せられているかを整理するための組織的なシステムが必要だと語る。

菅野氏は、被災自治体に対し、被災者全員の健康状態や関連問題をすべて把握するよう求めるのはやりすぎだと言う。

READ  韓国、日本、米国N.韓国に対する障壁を強化する