Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本市は、子供たちがITスキルを身に付けるのを支援するためにコーディングスクールを開設しました

群馬県太田市-情報技術を駆使してさまざまな問題を解決できる人材育成を目指し、3年生から6年生までの小学生向けのプログラミングスクールを開設します。

5月に6回(毎回最大24名)のトライアルクラス終了時に選考を通過した合計48名の学生が群馬県太田市の太田プログラミングスクールに入学します。 。

文部科学省のカリキュラムガイドラインでは、プログラミングが義務付けられています。 太田市情報管理部の橋本ジョン氏は、新校舎が「小学校の授業でプログラミングに興味を持った子どもたちの集いの場」になることを期待していると語った。

学校は、2023年6月7日から2月21日までの毎週火曜日と2023年6月9日から3月2日までの毎週木曜日(夏休み期間を除く)でコース1を提供し、太田市役所のセミナールームでそれぞれ30レッスンを行います。

民間のITサポート会社がプログラムに参加し、学生はスクラッチとレゴブロックから作られたロボットを通して基本的および高度なスキルを学びます。 授業料は年間3万円(約230ドル)です。

また、詳細は未定ですが、5年生と6年生を対象に「加速学習コース」を実施し、約6ヶ月の授業を行います。

市によると、参加者は2週間のオンラインパイロットクラスに募集されましたが、学校は非常に人気があり、6日で定員に達しました。

5月10日に市役所で開催された最初の実験クラスには24人の子供たちが参加し、熱心にコンピューターに取り組んでいました。

3年生の男の子は「クラス(学校)では知らなかったけど、毎日使っているのでスクラッチを楽しんでいます。将来はYouTubeユーザーになって色んなデバイスを集めたいです。視聴者と共有してください。」

自動車会社の先端安全技術部門で働く35歳の父親は、「情報技術が自由に使われる時代の流れに対応できるように手助けしたい」と語った。

(太田地方事務所ジョー・カメスによる日本語原作)

READ  マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウド、アンソニー・ベッド、最後のフレンキー・デ・ジョン、リサンドロ・マルティネスの最新情報-ライブ移籍