Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東田角| ロンドンビジネススクール


  • 程度

    プログラム:
    管理のマスター

  • 世界的に

    国籍:
    日本

教育: 英国ウォーリック大学理学士。 2021年に卒業

研究対象: 経済

に興味がある: コンサルタント

私がビジネススクールに入学したときに直面した最大の課題は次のとおりです。 大学の仕事、修士号の申請、トレーニングの申請、課外活動の間の私の時間を管理する

私について: 私は日本で生まれましたが、幼少期はオランダで過ごし、教育のほとんどはイギリスで過ごしました。 ウォーリック大学で経済学の学士号を取得しました。主に、世界中の学生をホストするアカデミックサミットの開催に携わっていました。イベントの開催が大好きです。 私がLBSに参加したのは、実践的なビジネススキルを学び、長期的なキャリア志向を発見しながら、あらゆる分野の人々と出会うことを望んでいたからです。 私は現在、社会的影響クラブに参加し、彼らの署名会議を開催することにより、社会的影響の分野における将来の機会を模索しています。 LBSの学生クラブの素晴らしいところは、MBAを含む他のプログラムの学生に会う機会があることです。 社会的影響が私にとって何を意味するのかを学びながら、新しいチームとの会議に参加できることに興奮しています。 大学では、東京のブラックロック、PwC、ベインでコースを修了し、コンサルティングの最初のキャリアを追求したいと思っていました。 私は来年ベインのロンドンオフィスに参加する予定ですが、MiMで学んだ多くのコンテンツは非常に役に立ちました。 趣味は…いつも変わる! 私は以前、乗馬、フラワーアレンジメント、書道、フィギュアスケートの観戦、テニスに夢中になっていて、リストは続きます。 今、私は陶器を試してみて、F1レースをフォローアップすることを考えています。 私は私が試すことができるものについてのどんな推薦にもオープンです!

私が話すことができる3つのトピック: コンサルタント; 社会的影響クラブ。 LBSでの生活

電子メールアドレス: [email protected]

READ  グループ・オブ・セブンは石炭火力発電の終焉を目指しており、日米への圧力を強めている