Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東芝は予想通り、第1四半期の利益に戻る

東京(ロイター)-日本の東芝は木曜日に、コスト削減とパンデミックによる需要の打撃からの回復に支えられて、アナリストの予想に沿った第1四半期の営業利益を報告した。

戦略的見直しを行っている日本の巨人は、昨年の126.4億円の損失を逆転させ、4-6月期の営業利益は145億3000万円(1億3200万ドル)と報告した。

その結果を、リフィニティブがまとめたアナリストの推定5件である平均149億円と比較した。

東芝の年間利益予想は1,700億円を維持しました。

東芝は6月に戦略レビューhttps://www.reuters.com/business/toshiba-says-strategic-review-will-help-identify-non-core-businesses-2021-07-30を開始し、すべての資産を調査しました。同社が4月にCVCキャピタルからの200億ドルの民間買収提案を拒否し、一部の株主を怒らせた後、潜在的な投資家を処理します。

株主は先月、同社への強い非難で会長と別の取締役を解任したが、https://www.reuters.com/world/asia-pacific/independent-probe-says-toshiba-agm-昨年-公正な管理ではなかった-昨年の公開会議で投資家が影響力を得るのを防ぐために商務省との2021年6月10日。

電子機器、複写機、チップ製造装置のメーカーは、暫定会長兼CEOの後継者となる可能性のある取締役の候補者を選任中です。

東芝は、バッテリーや電力管理装置など、次の成長エンジンと見ている事業で利益を上げるのに苦労しています。

第1四半期の利益は同社の予想年間利益の10分の1未満であるが、東芝の利益は下半期に偏っている。

(ドル= 110.3900円)

(山崎真紀子による報告、リチャード・ボーリンとエドウィナ・ギブスによる編集)

READ  政府の企業や機関が月着陸船プロジェクトの計画を発表