Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東芝は23年度までに30TBへの道を明らかにする

Proprietary Technologies、FC-MAMRおよびMAS-MAMR、Fuel Space Density Will Grow in Kawasaki、Japan、Feb。14、2022 / PRNewswire /-東芝は、日本の東京で投資家向け広報イベントを開催しました。 東芝デバイス&ストレージ株式会社のプレゼンテーションの中で、同社の社長兼最高経営責任者である佐藤博之氏は、東芝の次世代ハードドライブの説明的なロードマップを明らかにしました。 データ生成は毎年2桁の割合で増加し続けており、データストレージの増加に対するクラウド企業からの需要により、大容量ハードドライブの必要性が高まっています。 この高まる需要に応えるため、東芝は独自の記録技術であるFC-MAMR(フロー制御マイクロ波アシスト磁気記録)、MAS-MAMR(マイクロ波支援スイッチング-マイクロ波支援磁気記録)、ディスクスタッキング技術を活用してディスク容量を増やす予定です。ソリッドステートドライブは2023年度までに30TB近くになり、その後は大容量になります。

ストレージ責任者のナノ雄一氏は、次のように述べています。「東芝は引き続きクラウド企業と緊密に連携して、容量とパフォーマンスの要件を正確に理解しています。次世代テクノロジーを使用できるかどうかは、お客様のニーズを満たすための鍵となります。 東芝電子部品台湾株式会社製品部。 「当社の主要コンポーネントサプライヤとの長年にわたる緊密なコラボレーションにより、大容量を実現するための目覚ましい技術革新がもたらされ、最終的にニアラインハードドライブのTCO(総所有コスト)が削減されました。」詳細:FC-MAMR(https:/ /toshiba.semicon-storage.com/content/dam/toshiba-ss-v2/master/en/storage/product/data-center-enterprise/202102025_nearlineHDD_18TB_e.pdf)MAS-MAMR(https://www。toshiba-storage )asia / hdd-recording-perfomance-with-microwave-assisted-switching-microwave-assished-magnetic-recording-mas-mamr /)エンタープライズ、データセンター、監視、および顧客市場向け東芝は、革新的なハードドライブモデルで顧客の課題を解決します。 4つのコア市場セグメントに焦点を当てるALシリーズはエンタープライズパフォーマンスセグメントに焦点を当てるMGシリーズはエンタープライズキャパシティとデータセンターのニーズをターゲットにするMQシリーズはクライアントのハードドライブを必要とする幅広いユースケースをカバーしますモバイル; DTシリーズは、監視と従来のデスクトップクライアントのユースケースに対応しています。

東芝のストレージ製品ラインの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。https://toshiba.semicon-storage.com/ap-en/product/storage-products.html *製品の価格、仕様、内容など、このドキュメントに含まれる情報連絡先情報およびサービスは最新のものであり、広告の日付の時点で正確であると考えられていますが、事前の通知なしに変更される場合があります。

※ここに記載されている会社名、製品名、サービス名は、それぞれの会社の商標である場合があります。

Toshiba Electronic Components Taiwan Corporation(TET)についてToshiba Electronic Components Taiwan Corporationは、台湾、中国本土、および東南アジア諸国における東芝ハードドライブおよび東芝外付けハードドライブのプロモーション、販売、マーケティング、およびサポートを担当しています。 TETは、エンタープライズサーバー、ストレージデバイス、およびラップトップの最高のパートナーであり、その使命は、最高の品質と最新のテクノロジーを具現化する最高のサービスと製品を提供することです。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。http://toshiba.semicon-storage.com/ap-en/product/storage-products.html東芝エレクトロニクスアジア(シンガポール)について東芝エレクトロニクスアジア(シンガポール)(「TEA」)アフィリエイト東芝株式会社の子会社である東芝電子デバイス&ストレージ株式会社の 1990年に設立されたTEAは、Canvioポータブル外付けハードドライブや内蔵ハードドライブなど、アジア太平洋地域における東芝のさまざまな大容量ストレージソリューションの販売、マーケティング、およびサービスを担当しています。 TEAは、消費者と組織にとって最高のパートナーであり、その使命は、最高の品質と最先端のテクノロジーを具現化する最高のサービスと製品を提供することです。 TEAの詳細については、https://toshiba.semicon-storage.com/ap-en/storage.html PWRPWRにアクセスしてください。

(このストーリーはDevdiscourseスタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されます。)

READ  新しい Xbox ゲーム - 7 月 3 ~ 9 日