Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

松山がCOVID-19陽性、PGAツアーイベントから撤退

ゴルフ-2021年5月22日; 米国サウスカロライナ州カイワーアイランド; 全米プロゴルフ選手権第3戦16日から松山英樹がヒット。 必須のクレジット:Geoff Burke-USA TODAY Sports / File Photo

(ロイター)-マスターズチャンピオンの松山英樹はCOVID-19の検査で陽性を示し、今週デトロイトで開催されたロケットモートガントクラシックから撤退したとPGAは金曜日に語った。

日本の18位の世界ナンバーワンは木曜日に6度のメインチャンピオンであるフィルミケルソンとリッキーファウラーとのオープニングラウンドを行い、デトロイトゴルフクラブで70番目のイコライザーを平準化し、リーダーから7ショットを残しました。

「このニュースを受け取ったのは残念だ」と松山氏は必要なすべての予防策を講じることを誓った。

「完全に回復し、できるだけ早く競技に復帰することを楽しみにしています。」

4月に日本人として初めてゴルフ大会で優勝した松山は、7月23日の東京オリンピックの開会式で大釜に火をつける候補であり、7月29日からオリンピックのゴルフ大会に出場する予定です。

トロントでのフランクビングレポートの準備。 クリスチャン・ラドネッジとアンドリュー・コーソーンによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  PGAチャンピオンシップを保持しているミケルソン、ケプカは後ろに潜んでいます