Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

柔軟なアプローチ: 日本の地方自治体は、高齢者だけでなく、ワクチン接種もOK

地方自治体は、7月末までに65歳以上の人々へのワクチン接種を終了することを条件として、誰がワクチン接種を優先するかを決定する際にある程度の柔軟性を与えられている.

今のところ、全国の地方自治体は、7月末までにすべての高齢者にワクチンを接種することを急いでいます.これは、菅義偉首相が課した目標です.

今のところ高齢の住民が優先されているが、地方自治体には人口統計や学校教師などの他の職業のスナップショットをどのように割り当てるかを決定する自由が与えられている.

「市長が7月末までに高齢者へのワクチン接種を完全に終了できると言うことができれば、彼らが独自の優先ボックスを作成することを歓迎します」と河野氏は語った.

一例として、大臣はそのような取り組みがすでに実施されている福岡市を挙げました。 高島宗一郎市長の最新の発表を受けて、市は金曜日に、施設内のウイルスクラスターを防ぐために、高齢者の介護者のスナップショットを撮り始めました。

市は中央政府の要請に応じて、引き続き高齢者の予防接種を優先するが、そこで運営されている集団予防接種サイトは、他のグループにも対応するために時間を延長している。

介護者が予防接種を受けると、市のスケジュールに従って、保育士と幼稚園のスタッフが予防接種サイトにアクセスし、続いて学校の教師がアクセスできるようになります。

高島氏は先週、記者団に対し、市が優先グループとして特定した高齢の住民と専門家の両方が7月末までに予防接種を受けると語った.

市長は、「65歳未満の人々の予防接種のスケジュールを進めることができるように、発売プロセスをさらに迅速にしたいと考えています。

河野氏はまた、山本石田知事も同様の提案をしたと述べ、同大臣は、県独自の優先順位付けシステムを確立したいという熱意を表明したと述べた.

菅政権は、他の富裕国に比べてスタートアップがはるかに遅い日本でのワクチン接種キャンペーンを加速することに熱心です。 金曜、首相は、1 日あたりの発砲数を 100 万発に増やすという公約を倍増させた。

菅氏によると、高齢者向けの7月の締め切りに間に合うと確信している自治体は6月から、予防接種キャンペーンを拡大し、持病のある人を含む一般住民に予防接種を開始する予定だと述べた.

田村憲久保健相は日曜日、地方自治体は一般市民向けの予防接種を、既存の病気を持つ人々と同時に開始する準備をするべきであると述べた。 田村氏は、何人が基礎疾患を持っているかを判断するのは難しいと述べた.

誤報と大量の情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  公衆衛生学の教授、東京五輪を開催するのは「ばかげている」と語る