Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

柔軟な職場: KKR はアジア人がシェアオフィスに戻ることに賭ける

香港 – 米国の投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツとシンガポールのティガ・インベストメンツが率いるコンソーシアムは、COVID-19が抑制された後の需要に目を向けている香港のコワーキングスペースオペレーター、エグゼクティブセンターの買収を発表した.

エグゼクティブ センターは、中国、日本、韓国、東南アジア、オーストラリア、インドを含む 32 の都市で 150 以上の柔軟なオフィスと会議スペースを運営しています。 主に大企業やそのCEOなどのハイエンドのクライアントに焦点を当てており、年間売上高は2億3700万ドルを超えています。

KKR と Tiga は、より多くの従業員がオフィスに戻り、出張を再開するにつれて、エグゼクティブ センター スペースの需要が回復すると予想しています。 取引額は明らかにされていない。

取引を歓迎し、エグゼクティブ センターの CEO ポール サレンコはプレス リリースで次のように述べています。 Salnikov は、日本のデベロッパー Haseko での勤務を経て、1994 年に同社を設立しました。

KKR のマネージング ディレクターである S.J. リムは次のように付け加えました。 エグゼクティブ センターは、新たな成長の機会を捉え、アジアのプレミアム ワークスペース セクターにおける長期的なリーダーシップの地位を確立する上で有利な位置にあると私たちは信じています。」

READ  CX Daily:日本企業は中国でのビジネスに関する懸念を挙げています