Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

柔道-日本のエース柔道小野は2度目のオリンピック金メダルを求めています

東京、7月26日(ロイター)-チャンピオン柔道大野将平(29)は月曜日に準決勝に進出し、2度目のオリンピック金メダルを獲得して他の日本の柔道家と一緒に東京でのメダルラッシュに参加しようとしました。

3度の世界チャンピオンである小野は、柔道のノックアウトバージョンであるiPhoneを獲得することを目的とした伝統的で強力な戦闘スタイルを採用しました。

小野は月曜日の予選ラウンドで畳を支配し、73kg級では無敵のように落ち着いた態度、タフな態度、強さを見せた。 彼は4分以内に残業することなく3試合すべてを終えました。

小野は準々決勝でアゼルバイジャンのルスタム・オルホを破り、2回投げ、2つの不完全なヴァサアリスを獲得して勝利に導いた。

第32ラウンドでは、小野はルーマニアのアレクサンドルロイに対するイバンの勝利のためにダイナミックなクライマックスの内側の太ももを投げました。 小野は第16ラウンドでトルコのビラル・シロクルを破った。

小野の柔道のスタイルと強さは、一部のファンの間で「73kgクラスモーツァルト」または「日本のテディレイナー」というニックネームを獲得しています。 フランスの柔道オリンピックチャンピオンのレイナーは、このスポーツで最も重い体重別階級である男子+ 100kg級で3年連続の金メダルを目指しています。

さらに、小野のボットを「ショータイム」と呼び、彼の名前を有名なメジャーリーグの野球選手、ショアイブ・オッタニと関連付けている人もいます。

軽量部門で最も支配的な小野は、2015年以来、国際大会で無敗を維持しながら、3つの世界選手権とリオオリンピックの金メダルを獲得しています。

女子57kg級では、世界チャンピオンでオリンピックデビューを果たした25歳の吉田スカサが、1分半のイポンチョイが中国の東鄄に腕を振って準々決勝に進出した。

吉田は準々決勝で技ありを不完全な投げ技で打ち負かし、イスラエルのティマ・ネルソン・レビーを破った。

女子57kg級と男子73kg級の準決勝と決勝は、月曜日の午後5時(グリニッジ標準時0800時)に予定されています。

梶本哲史による報告; MichaelPerryによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  禅と在宅勤務の芸術:日本のビルダーがミニオフィスキットを提供| 日本