Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

株式会社アイ・ピースの栄誉 BioSpectrum Asia Excellence Award 2022 で「細胞療法における特別功績」を受賞

カリフォルニア州パロアルト。そしてその 2022 年 12 月 21 日 /PRNewswire/ – 株式会社アイピース (https://www.ipeace.com)は、で開催されたBioSpectrum Asia Award for Excellence 2022授賞式で「細胞療法の特別表彰」を受賞しました。 シンガポール 雇用 12月2日 (https://www.biospectrumasia.com/news/115/21473/biospectrum-asia-announce-editors-choice-award-winners-for-2022.html)。

株式会社アイピース行こう パロアルト– 人工幹細胞 (iPSC) のノーベル賞受賞技術に焦点を当てたバイオテクノロジー企業であり、閉じた手のひらサイズのストリップで細胞療法用の臨床グレードの iPSC を製造する新しいシステムの開発に成功しました。 I Peace は、米国と米国の規制基準に準拠した臨床グレードの iPSC を提供することで、世界中の研究機関と製薬会社をサポートしています。 日本.

浩二は博士の指導の下、博士号を取得しました。 山中慎也京都大学 この研究者は、成体体細胞が多能性になるように再プログラムできることを発見したことで、2012 年のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 浩司は当初からiPSCの研究に携わっており、初代ヒトiPSCの成功に関する研究論文の2番目の著者でした。 株式会社アイ・ピースを創業。 2015 年には、iPSC を研究ツールから生活必需品に変えることを目標に掲げました。 アイピースは、2015年の設立以来、iPSC製造技術の開発と改良に注力してきました。2019年には、研究グレードのiPSCを研究機関や製薬会社に提供し始めました。 2020年、同社は閉鎖型でコンパクトなモジュール式の自動化装置でiPSCを製造する技術の進歩に成功し、コストを大幅に削減しながらiPSCの大量生産への道を開きました。 2020年、アイピース細胞製造施設が設立されました 京都、日本 (ピースエンジン京都) 日本 厚生労働省は、特定の細胞由来製品の製造を開始し、臨床グレードの iPSC の提供を開始しました。 同年、同社は臨床グレードの iPSC パーソナル バンキング サービスの提供も開始しました。 2021 年、Peace Engine 京都の細胞製造施設は、cGMP 準拠として第三者認証を受けました。

田辺浩二株式会社アイピース 創業者兼CEO I Peace のすべてのメンバーは、運営、ビジネス、業界全体の革新を推進する取り組みを継続することを約束します。

株式会社アイピースについて

株式会社アイピース設立。 2015 年に カリフォルニア州パロアルト. アイピースの使命は、感染した患者の苦しみを和らげ、健康な人々が質の高い生活を維持できるようにすることです。 I Peace の製造プラットフォームは、単一の部屋で複数のドナーから解離 iPSC を完全に自動化して大量生産することを可能にします。 私たちの目標は、iPSC の作成を通じて、各個人が生命のための幹細胞の独自のソースにアクセスできるようにすることです。

本部: カリフォルニア州パロアルト

Webサイト: https://www.ipeace.com/ar/

SOURCE 株式会社アイ・ピース

READ  ホンダH-RVがZR-Vという名前で日本でデビューし、e:HEVハイブリッドテクノロジーを都市として取得