Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

株式会社ジャパンはまだサービスの遅延によるエピデミックからの不均一な回復を目撃する

COVID-19の影響による日本企業の収益回復は依然としてまちまちであり、製造業者と非製造業者の間には大きなギャップが残っています。

日本では10月から12月の四半期の初めに非常事態が完全に解除され、エコノミストはこれが非製造業、特に次のような輸出業者が主に主導する回復に遅れをとったサービスプロバイダーに待望のブーストを与えるはずだと述べています。トヨタ自動車株式会社

ただし、日本航空の大手航空会社は、2022年3月までの12ヶ月間で2年目となる赤字が続くと見込まれている。 パンデミックによる打撃の深刻さを浮き彫りにした、10月に終了した年度の過去最高の530億円(4億6,700万ドル)の純損失。

ANAホールディングス代表取締役社長片野坂真哉 、10月下旬:「私たちにとって最も重要なことは、より小さな会社になり、コロナウイルスのトンネルから抜け出すことです。」 全日本空輸はANAホールディングスの一部門として運営されています。

ANAと国内の競合企業である日本航空は、パンデミックの中で旅行需要が蒸発した前年に比べて利益が改善すると見込んでいるが、純損失はそれぞれ1,000億円と1,460億円と見込んでいる。 3月までの営業年度。

労働者を解雇する代わりに、どちらも、固定費を削減するために、退職と新規雇用を制限することによって労働力を縮小することができます。

「来年度は黒字転換が必須」と、日本の予防接種率が80%に上昇する中、旅行需要の停滞への期待を表明した。

国内観光を刺激する政府支援プログラムであるGoTo Travelの再開が期待されていることは、運輸および観光セクターにとって追加の利点となるでしょう。

しかし、国境を越えた旅行は、パンデミック前のレベルに戻るのにもっと時間がかかると予想されている、と航空専門家は言います。

国際航空運送協会によると、空の旅の需要は2021年には2019年のレベルの40%に、2022年には61%に回復すると予想されています。

収益レポートの最新のバッチは、回復がメーカーにとってより速くなったことを示しています。

オフショア経済の再開は、日本の輸出業者、特に自動車メーカーに利益をもたらしました。 自動車と自動車部品は、日本の輸出額の約20%を占めています。

米ドルや他の通貨に対する円安はまた、輸出業者に追い風を与えます。円安は、国内に持ち帰ったときに海外で得られる利益を押し上げ、海外での日本製品の競争力のある価格を助けるからです。

しかし、円安は輸入品の価格を上昇させるため、マイナス面がないわけではありません。 しかし、黒田東彦日銀総裁は最近、マイナスの影響への懸念を無視して、最近のドルに対する通貨の下落は、日本経済にとって「プラス」の要因となるはずだと述べた。

トヨタは木曜日、今年度の純利益予想を2.49兆円に引き上げ、2017年度の過去最高を記録した。

しかし、トヨタのCFO、ケンタ・クン氏は記者会見で、円安のプラスの影響がなければ下方修正であり、世界一の自動車メーカーは依然として収益構造を改善する必要があると述べた。

スペアパーツの不足と原材料費の高騰により、日本経済のバックボーンである自動車セクターの見通しが不透明になっています。 国内自動車メーカーの高官は、チップ危機がいつ終わるかはまだ正確には予想されていないと述べています。

本田技研工業は金曜日、世界の販売目標を2021年度に2度目の485万台から420万台に引き下げ、純利益予想を17.2%減の5,550億円にした。

小規模な自動車メーカーも大きな成功を収めています。 スバルは通年の販売目標を83万台に引き下げ、前回の96万台から約13.5%削減した。

フランスの日産自動車とルノーとの三者提携の一環である三菱自動車は、以前の967,000台から903,000台の販売を計画している。

三菱自動車の加藤隆夫社長兼最高経営責任者(CEO)は、第2四半期の決算発表で、「(有利な)為替レートのおかげで、半導体の影響により自動車を販売する機会を失ったことを埋め合わせた」と述べた。木曜日。

「この状況は年末まで危険なままであり、突然好転する可能性は低く、半導体は来年の初めに出現し始めるだろう」と加藤氏は語った。

強力な配当金の支払いは、企業が従業員の賃金を上げるための条件です。 岸田文雄首相は、富の分配を旗印に、より高い賃金を要求すると述べた。

しかし、大和証券のチーフエコノミストである須弘徹氏は、より高い賃金で従業員に報いることができるのは、堅実な利益を上げている企業だけだと述べた。

「緊急事態の撤廃により、製造業者と非製造業者の間の回復のギャップはより狭くなると予想されます」とSohiroは言いました。 「自動車メーカーによる大幅な減産後、輸出は10月から12月の四半期に減少する可能性があり、経済全体は成長する可能性が高いが、緩やかなペースである」と語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  独占禁止法問題に関する政府の目から見たアップルとグーグル:朝日新聞