Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

株式会社ジャパンはまだサービスの遅延によるエピデミックからの不均一な回復を目撃する

COVID-19からのフォールアウトからの収益回復は不均一なままであり、日本のメーカーと非メーカーの間には大きなギャップがあります。

日本では10月から12月の四半期の初めに非常事態が完全に解除され、エコノミストはこれが非製造業、特に次のような輸出業者が主に主導する回復に遅れをとったサービスプロバイダーに待望のブーストを与えるはずだと述べています。トヨタ自動車株式会社

ただし、日本航空の大手航空会社は、2022年3月までの12ヶ月間で2年目となる赤字が続くと見込まれている。 パンデミックによる打撃の深刻さを浮き彫りにした、10月に終了した年度の過去最高の530億円(4億6700万ドル)の純損失。

ANAホールディングス代表取締役社長片野坂真哉 、10月下旬:「私たちにとって最も重要なことは、より小さな会社になり、コロナウイルスのトンネルから抜け出すことです。」 全日本空輸はANAホールディングスの一部門として運営されています。

ANAホールディングス株式会社代表取締役社長全日本空輸の親会社は同日、2000億円(8億8000万ドル)の純損失を見込んでいると報じた。 COVID-19のパンデミックに見舞われた空の旅の需要の回復が遅れたため、2022年3月までの1年間は、これまで予想されていた35億円の純利益ではなく、 (弓道)==弓道

ANAと国内のライバルである日本航空は、パンデミックの中で旅行需要が蒸発した前年比で利益の改善が見込まれるものの、事業全体でそれぞれ1,000億円と1,460億円の純損失を見込んでいる。 年から3月。

一時解雇に頼ることなく、両方とも、退職によって、そして固定費を削減するために新入社員を制限することによって、労働力を縮小することを可能にするでしょう。

「来年度は黒字転換が必須」と片塚氏は、ワクチンの進歩に伴い需要が拡大することを期待している。

日本の国内観光を刺激するための政府支援プログラムの再開が期待されていることは、運輸および観光部門にとって追加の利点となるでしょう。

しかし、国境を越えた旅行は、パンデミック前のレベルに戻るのにもっと時間がかかると予想されている、と航空専門家は言います。

国際航空運送協会によると、空の旅の需要は、2021年には2019年のレベルの40%、またはパンデミック前に回復し、2022年には61%に回復すると予想されています。

収益レポートの最新のバッチは、回復がメーカーにとって早く来たことを示しています。

オフショア経済の再開は、日本の輸出業者、特に自動車メーカーに利益をもたらしました。 自動車と自動車部品は、日本の輸出額の約20パーセントを占めています。

円安は海外での利益や日本製品の海外での価格競争力を高めるため、米ドルや他の通貨に対する円安も追い風となる。

円安は輸入品の価格を上昇させることからもマイナス面があります。 しかし、黒田東彦日銀総裁は最近、マイナスの影響への懸念を無視して、最近のドルに対する通貨の下落は、日本経済にとって「プラス」の要因となるはずだと述べた。

トヨタは木曜日、今年度の純利益予想を2.49兆円に引き上げ、2017年度の最高水準に匹敵する。

しかし、トヨタのCFO、ケンタ・クン氏は記者会見で、円安のプラスの影響がなければ下方修正であり、世界一の自動車メーカーは依然として収益構造を改善する必要があると述べた。

スペアパーツの不足と原材料費の高騰により、日本経済のバックボーンである自動車セクターの見通しが不透明になっています。 日本の自動車メーカーのトップ当局者は、チップ危機がいつ終わるかはまだ正確には予想されていないと述べています。

共同通信社が2020年8月17日に撮影した写真は、東京近郊の川崎にある配送センターで外国人乗用車を撮影したものです。 (共同通信)

本田技研工業は金曜日、世界の販売目標を2021年度に2度目の485万台から420万台に引き下げ、純利益予想を17.2%減の5,550億円にした。

小規模な自動車メーカーも大きな成功を収めています。 スバルは通年の販売目標を83万台に引き下げ、前回の96万台から約13.5%削減した。

フランスの日産自動車とルノーとの三者提携の一部である三菱自動車は、以前に計画された967,000台から903,000台を販売する予定です。

三菱自動車の加藤隆夫社長は第2四半期決算で、「(有利な)為替レートの影響で半導体の影響で失われた車両販売機会を埋め合わせた」と述べた。木曜日にリリース。

「この状況は年末まで危険なままであり、突然好転する可能性は低く、半導体は来年の初めに出現し始めるだろう」と加藤氏は語った。

強力な配当金の支払いは、企業が従業員の賃金を上げるための条件です。 岸田文雄首相は、富の分配を旗印に、より高い賃金を要求すると述べた。

しかし、大和証券のチーフエコノミストである須弘徹氏は、より高い賃金で従業員に報いることができるのは、堅実な利益を上げている企業だけだと述べた。

「緊急事態の撤廃により、製造業者と非製造業者の間の回復格差は縮小すると予想される」とソヒロ氏は述べた。 「しかし、自動車メーカーによる大幅な減産を受けて、輸出は10月から12月の第1四半期に減少する可能性があり、経済全体は成長する可能性が高いが、緩やかなペースである」と語った。

READ  知的財産の高くてとらえどころのない価値を理解するための新しい方法