Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

森花江さんの衣装は彼女の上昇の鍵です

読売新聞
2014 年 11 月のインタビューでの森英恵さん。

8月11日に96歳で亡くなったファッションデザイナーの森英恵さんは、パリのオートクチュールや映画の衣装を数多くデザインしたことで知られています。

1951年、東京・新宿に日吉屋を開店。新進気鋭のファッションデザイナーとして名を馳せる中、大手映画製作会社日活の関係者の目に留まる。

当時、映画館に行くことは多くの日本人にとって最も人気のある娯楽でした。

誰よりも岡田麿里子さんの毛利衣装に仕上がる予定です。

岡田は、デビュー直後に映画の制作関係者を通じて初めて森に会い、岡田はデビューした森と一緒に仕事をすることを提案した.

「彼女は私より少し年上で、ファッションデザイナーというよりも普通の女性のようでした」と岡田は最初の出会いを思い出して語った. 「彼女は控えめに見えた。」

当時の映画制作プロセスでは、モーリーが各映画の脚本を読み、監督や俳優とミーティングを行い、合意に達した後にデザイン作業を開始しました。

「私たちはドレスがどうあるべきかについて意見を交換し、彼女は食べ物を吸った. [loose stitching] 岡田さんは「最終縫製まで調整を繰り返しました。森さんはいつ衣装を仕上げなければならないときでも台本をよく読んで、衣装を通してキャラクターを正確に表現してくれました」と語った。

撮影中、俳優はしばしば着替えを急いで行わなければなりませんでした。 ジャケットの服は髪とメイクを台無しにする可能性があるため、モーリーはサイドとバックにスリットを入れたデザインを作成して、より簡単に変更できるようにしました.

岡田さんが森さんにズボンを持ってきて、「履きにくい」と言っていた。 森はそれらを注意深く調べ、岡田の前で縫い目を解き始めました.

「型紙作りからやり直したそうです。とても驚きました」と岡田さん。

二人とも仕事で忙しかったので、燻製をする時間を作るのはとても大変でした。

提供:森はな事務所 / 撮影:石井幸之助
岡田麿里子 右 毛利ドット衣装

岡田さんはソーイングフィルムスタジオの帰りに森さんの店を訪れ、その後、夜遅くまで一緒に食事をすることもありました。

岡田さんはとても楽しかったと話した。

岡田の最も記憶に残る映画の 1 つは、川端康成の同名小説を岡田の夫である吉田義重が監督して映画化した「女の水海」(1966 年)である。

岡田さん演じる主人公のために、森さんは同じデザインのワンピースを黒と白で2着作りました。 シーンに合わせて岡田が交代。

「衣装がとてもモダンでかっこよくて、新しい時代を作っているように感じました」と岡田さん。

岡田さんは森さんに普段着からウエディングドレスまで作ってもらいました。

「女優は常にあらゆる角度から完璧に見えるべきです」と岡田氏は語った. 「モリーが必要だった」

森はまた、北原芽衣、水田洋子、月岡夢二など、当時を代表する映画女優の衣装を数多くデザインした。 彼女が何本の映画に取り組んだかは正確にはわかっていません。

映画にまつわる仕事について、モリーは「複数の映画の衣装を同時に作っていた」「映画のクレジットに私の名前が載っていない」「忙しくて時間がなかった」と語った。映画館で最終作品を観るのを楽しんでください。」

衣裳のデザイン・製作は後回しとされていたが、1956年川島ゆず監督の映画『風船』のクレジットに衣裳デザイナーとして名を連ねる。

「森さんがデザインした衣装は、細部に至るまで精巧にデザインされていて、着やすいものでした。だからこそ、多くの女優が自分の生活のためにも森さんに服を作ってほしいと頼んだのです」島根県にある美術館。

博物館には、モーリーの作品の大規模なコレクションが含まれています。 ヒロタは彼女を探しています。

「各作品のネックライン、袖丈、その他の要素からわかるように、モーリーは、女優が映画のキャラクターのためにそれを着たときに、どのようにフィットして美しく見えるかについて多くのことを考えました. 「それらはまた、モーリーのユニークなスタイルを素晴らしくバランスの取れた方法で表現しています。」

「ファッション業界でのこの経験は、彼女がオートクチュールの首都であるパリでオートクチュールの作品を作る道を開いたのかもしれません」と廣田氏は付け加えた.

森さんは婦人服のデザインをしながら、映画の衣装業界で睡眠を減らしながらも懸命に働いた. この作品は、彼女の表現力、技術、精神の強さを開発し、世界の舞台で成功するための基礎を築きました。

パリから日本を見る

彼女は1992年に初めてモーリーに会いました。チャットしながら、彼女は「パリに行けば世界が見えます」と言いました。

森は1961年、パリとニューヨークを旅行中、初めて「ザ・ワールド」を生きた。 この旅をきっかけに、海外での活動を広げることを決意。

翌年、ファッション誌『装苑』に「日本は日本」と題した記事を執筆。

「他の国の人々は、日本にファッションデザイナーがいることを知りません」と彼女は書き、日本の衣料品業界が常に西洋のデザインを模倣していると批判した. 「日本製の絹や衣料品は人気商品であり、外貨を稼ぎ、海外で日本の芸術性を高めることができることを日本人に知ってもらいたい.」

おそらく、彼女は当時、気分転換を切望していたのでしょう。

パリのオートクチュール業界で活躍しながら、モリは日本にルーツを持つことを大切にしました。 地元のフランス人が自分のルーツを最大限に活用するように彼女に頼んだとき、彼女は自分の伝統の重要性に気づきました。 世界は日本を外から見る場所でもありました。

ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんがパリ市場に入る前に森さんにアドバイスを求めたとき、森さんは「人がやらないことをやれ。自分の個性を出さなければならない」と答えた。

2003年、桂はパリで初のオートクチュールショーを開催。 驚いたことに、ショーの朝、モリは花束を持ってその場所にやって来ました。

桂さんは「ファッションショーはデザイナーの戦場。森さんは翌日、自分のショーをやっていました。でも、森さんが励ましてくれて、『日本人として頑張ろう』と言ってくれました。他の人は日本の良い印象を持っています。」

モリは自身のアイデンティティだけでなく、日本人としてのアイデンティティを表現し続けました。

ひらがなで「Mori Hana」と書かれた織ネームは、世界中のお客様の上質な衣服に縫い付けられています。 それが「日本」を表現する方法の一つだったのかもしれません。

ハナ・モリーのオフィス提供
モリの2002年春夏コレクションの大胆なブラシで描かれたバタフライ ドレス、左、2004年7月のランウェイでのモリの最後のクチュール コレクション
READ  CIFF コレクションには、パルム ドール受賞者や TIFF 特集などが含まれます