Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

樹齢100年のイチョウの木が東京の神宮公園の計画論争に斧をもたらす可能性がある

樹齢100年のイチョウの木が東京の神宮公園の計画論争に斧をもたらす可能性がある

東京(AP通信)-日曜日、東京でツーピースの水着を着た中島美穂さんは、樹齢100年のイチョウの木の隣に立ち、頭からつま先まで緑の葉と茶色の枝で体を染めた。

彼女のメッセージは明確で、不動産開発計画が係争中でその神聖さが脅かされている晋州在院公園の中心に立ちながら、彼女はそのメッセージを繰り返した。

彼女は言いました、「私は木です。」 「私を切り離さないでください。」

今年初めに小池百合子知事が承認した計画では、三井不動産主導の開発業者が神宮外苑に高さ200メートル(650フィート)の超高層ビル2棟を建設し、東京の数少ない緑地の1つで樹木を伐採・破壊することが可能になるという。 。 そして歴史的なラグビースタジアムと隣接する野球場の再建。

日曜日に抗議活動に集まった数百人の中の中村隆之さんは、木の皮に顔を突っ込んで祈った。 この地域は 100 年前、日本の明治天皇を讃えるために奉献されました。

「この木の存在に感謝したい。時々、木の中に音を感じることがあります」と彼は言いました。

READ  バワ スピード スポーツが新しいコレクションを発表