Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

欧州ネイションズカップ予選のスコットランド対イスラエル戦で、デモ参加者がゴールポストに自らを縛り付ける

欧州ネイションズカップ予選のスコットランド対イスラエル戦で、デモ参加者がゴールポストに自らを縛り付ける

グラスゴーのハンプデン・スタジアムで行われた女子ユーロ2025予選イスラエル戦前、デモ参加者がゴールポストに鎖で自らを縛りつけた。

ガザでのイスラエル軍事作戦に抗議し、男性が重い南京錠を使って柱に体を固定したため、無観客で行われていた試合は延期された。

両チームがフィールドに戻ったとき、イスラエルチームは、チームの公式写真に写っているハマスによって捕らえられた人質に言及して、「彼らを家に帰せ」と書かれたTシャツを掲げた。

写真にコメントして、 警察が事件の対応をしている間、選手たちはロッカールームに戻った
写真にコメントして、 イスラエル代表選手らがハマスの人質解放を求めるTシャツを掲げ

メインスタンドのドアの外には、小さな棺やパレスチナ国旗を持った人も含め、数百人が集まった。

なんとか国立競技場に入場したデモ参加者は、先に視認性の高いジャケットを着ていたため、主催者と間違われた可能性がある。

彼はポストから引き離され、警察によってスタジアムから連れ去られた。

選手たちは2回目のウォームアップについて話し合うとともに、試合開始直前にフィールドに戻っても安全かどうかについて話し合う姿が見られた。

その後、イスラエルの選手たちは怪我で試合を欠場したチームメイトのシャロン・ベックのシャツと、人質のナーマ・レヴィの解放を求めるシャツを展示した。

試合は、外でブーイングと花火を打ち上げるデモ参加者の音とともに始まった。

グループB2の試合前には反対デモ参加者のグループもデモを行った。

写真にコメントして、 警察はデモ参加者がゴールポストから解放された後、スタジアムから連行した

スーダンサッカー協会は先週、「すべての主要政党との広範な安全保障協議の結果」サポーターの出席を阻止する以外に「選択肢はなかった」と述べた。

ガザでのイスラエルの軍事作戦に反対する公開デモは英国全土で定期的に行われている。

ガザ虐殺緊急委員会という団体は、ハムデンで試合前の抗議活動を組織し、試合の中止を求めた。

スコットランド警察は「公共の安全を維持し、地域社会への混乱を最小限に抑えるため、適切な警察計画が策定されている」と述べた。

写真にコメントして、 スタジアムの外に集まった数百人のデモ参加者

10月7日のハマスによる襲撃とイスラエル政府の軍事対応を受け、イスラエルは安全保障上の理由からUEFAからサッカーの試合の開催を禁止されている。

代わりに、イスラエル代表チームとそのクラブチームはハンガリーの中立スタジアムで試合を行った。

火曜日のスコットランド対イスラエルのリターンマッチもブダペストで無観客で開催される。

READ  カナダと中国は氷上で最初のオリンピックメダルを探しています