Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

欧州連合における企業の持続可能性に関するデューデリジェンス指令| キングとスポルディング

強制的なデューデリジェンスの導入に備えるために大規模な日本企業が取るべき5つの実践的なステップ

欧州委員会は最近、提案されたテキストを公開しました 企業の持続可能性に関するデューデリジェンスの指示。 これが採用されると、EUで事業を行う多くの大規模な日本企業は、事業、サプライチェーン、および下流のバリューチェーン(つまり、自社の使用、廃棄、または廃棄に関連する)における人権と環境への影響を特定して対処するための広範な措置を講じる必要があります。製品))。 この問題はまた、今年の2月に、グローバルなサプライチェーンにおける人権を尊重する企業責任に焦点を当てたワーキンググループを設立した日本政府の注目を集めました。

このカスタマーアラートは、これらの進展が欧州連合でビジネスを行っている大企業にとって何を意味するのかを見ていきます。 それは、強制的な人権デューデリジェンスの導入に備え、将来の法的責任と評判の低下の可能性を減らすためにとることができる5つの実際的なステップで終わります。

指令はどの会社に適用されますか?

最初に、提案された指令はすべてに適用されます。

  • 500人以上の従業員を擁し、世界の年間純売上高が1億5,000万ユーロのEUを拠点とする企業。 そしてその
  • EUで事業を行っている非EU企業で、EUからの純売上高は1億5,000万ユーロです。

2年間の実施後、特定の「影響の大きいセクター」で事業を行う企業の最低額は、従業員数250人で年間純売上高が4,000万ユーロのEU企業、および年間純売上高が40ユーロの非EU企業に適用されるように引き下げられます。欧州連合で生まれた百万人。

実際には、これはディレクティブが両方に適用されることを意味します。

  • EUでの純売上高が適用限度を超えている(例えば、欧州市場での自社製品の直接販売による)日本の居住企業。 そしてその
  • 世界の純売上高と従業員数が適用限度を超えている、日本企業の欧州連合居住子会社。

指令が日本企業に直接適用されない場合でも、指令に基づいて逮捕された外国企業は、ビジネスを行うための条件として、日本のビジネスパートナーに指令の実質的な規定の遵守を証明するよう要求する場合があります。

資格のある企業は何をすべきですか?

適格企業は、事業およびバリューチェーンにおける人権および環境への影響についてデューデリジェンスを実施する必要があります。 これも:

  • 「主要な」影響、つまり、事業またはサプライチェーンで発生する人権への影響。 これには、適格企業が直接の取引関係を持たない事業体による外国での原材料の抽出を含む、自社のサプライチェーンにおける問題が含まれます。 そしてその
  • 「究極の」効果、つまり、第三者による製品またはサービスの使用および廃棄に関連する人権への影響。 たとえば、テクノロジーメーカーは、政府の顧客が政府による製品の最終使用に関連する潜在的な人権への影響を予測して対処する必要があります。 同様に、金融サービス部門の企業は、顧客による自社の製品およびサービスの使用に関してデューデリジェンスを実行する必要があります。

「デューデリジェンス」は、人権と環境への影響という文脈において特定の意味を持っています。 従来の形式のデューデリジェンスとは異なり、主な焦点は、会社ではなく、影響を受ける権利所有者へのリスクにあるべきです。 さらに、リスクの特定と評価は、人権デューデリジェンスの最初のステップにすぎません。 OECDの責任ある事業行動に関するガイドラインおよび国連の事業および人権に関するガイドラインに沿って、企業は以下のことも義務付けられています。

  • ポリシーおよび管理システムへのデューデリジェンスの組み込み。
  • 潜在的な悪影響を防止する、または(防止できない場合は)適切に軽減する。
  • 中止または(中止が不可能な場合)実際の悪影響の最小化。
  • デューデリジェンスの方針と手順の有効性を定期的に評価します。
  • デューデリジェンスが行われているときに公に連絡する。 そしてその
  • 影響を受けた人、労働組合、市民社会組織による苦情に対する適切な手続きを含む治療を提供する。

この指令はまた、ビジネスモデルと企業戦略が持続可能な経済への移行と一致することを保証し、パリ協定に沿って地球温暖化を1.5度に制限する計画を策定することを適格企業に要求しています。 企業が気候を事業への主要なリスクまたは影響として特定する(または特定する必要がある)場合、計画に特定の排出削減目標を含めることも必要になります。

ルールはどのように実装されますか?

指令は、加盟国が不遵守に対する行政処分の効果的な実施を確実にするために地方自治体を指定することを要求しています。 指令は、罰金が会社の売上高に比例することを指定しています。

また、人権への悪影響の被害者が、適切なデューデリジェンス措置によってそのような影響を判断および防止(または軽減)できたEU加盟国の国内裁判所で損害賠償を得ることができるようにする民事責任制度も規定しています。 民事責任制度は、指令の下で要求される気候変動と排出削減計画に関連して行動する理由を提供することにまでは及びません。

この指令はまた、欧州連合に居住する適格企業の取締役(取引量および関連する従業員数の基準を満たす日本企業に拠点を置く欧州連合企業の取締役を含む)に以下の義務を課しています。 デューデリジェンスプロセスを確立し、その実施を監督する。 会社の戦略にデューデリジェンスを組み込む。 さらに、取締役が会社の利益のために行動する場合、取締役は人権、意思決定の気候的および環境的影響、および潜在的な短期、中期、および長期の影響を考慮しなければなりません。 報酬が経営者の事業戦略への貢献、長期的な利益、持続可能性に関連する場合、企業は企業の気候変動計画の実施を十分に考慮しなければなりません。 これらの義務の違反は、取締役の義務に関する既存の加盟国法によって施行されます。

イジュティハードによる強制的人権へのより広範な動き

この指令は、ヨーロッパで導入されている一連の措置の一部であり、大規模な多国籍企業が効果的な人権と環境デューデリジェンスを実施することを求めています。 この法律は2017年からフランスで施行されていますが、フランスの大手企業の少数にのみ適用されます。 ドイツは最近、範囲が広く、2023年に発効する予定の強制的な人権デューデリジェンス法を採択し、最近、ノルウェーとスイスでデューデリジェンス報告システムが導入されました。 コモンローには、人権や環境に害を及ぼす一般的なデューデリジェンスの義務を適切に履行できない英国企業に対して過失請求を提起することを可能にする可能性のある並行した進展があります。

デューデリジェンスによる強制的人権に備えるために、資格のある日本企業は何をすべきか?

指令は少なくとも2年間は実施されませんが(議会と評議会によって正式に採択される必要があります)、企業は今すぐ行動して、義務的なデューデリジェンスの到来に備え、法的リスクを軽減する必要があります。 複雑なグローバルサプライチェーンを持つ企業の場合、サプライチェーンをマッピングし、事業領域に優先順位を付け、関連する悪影響を防止、軽減、および終了するために必要な措置を講じるには、かなりの時間と投資が必要になります。 これが不可能であり、サプライヤーとの取引関係を終了する必要がある場合、企業は指令が発効する前に代替サプライヤーを見つけるための時間を確保する必要があります。 企業が新しいビジネスチャンスを検討している場合、人権への影響を特定して対処するための措置を講じる必要があります。そうすることで、ビジネスパートナーとの長期的な契約に縛られず、責任を問われる可能性があります。ディレクティブが有効になります。

準備するために、資格のある日本企業が以下を優先することをお勧めします 5つの実用的なステップ

  1. あなたの会社に上級管理職を巻き込む。 指令に準拠するために必要な措置は、広範かつ多機能です。 効果的にするには、取締役会を含むあなたの会社のトップリーダーからの多額の投資と購入が必要になります。 彼らの参加を示す1つの方法は、会社のCEOおよび社長によって承認された一般的な人権方針へのコミットメントを開発および採用することです。 もう一つは、人権を担当する取締役の選任です。
  2. 会社の現在のアプローチのマップとストレステスト。 人権への影響を評価および管理するためにすでに存在するポリシー、システム、およびプロセスを特定します。 これには、会社の行動規範、現代奴隷制政策、データプライバシー方針、責任ある調達または調達方針などの文書が含まれます。 次に、既存のアプローチをストレステストして、関連する国際規格に準拠していることを確認し、会社が指令に準拠できるようにします。 ギャップを特定したら、アクションの優先順位を付けます。
  3. スタンドアロンのデューデリジェンスポリシーを作成して実装する。 これは、会社の下流のサプライチェーン、運用、およびバリューチェーンにおける人権問題を特定して対処するために会社がとるステップの概要を示しています。 これは、会社の現在のアプローチに依存する場合があります。 ただし、ほとんどの企業は、コンプライアンスを確保するために新しいシステムとプロセスを追加する必要があります。 このプロセスの一環として、会社は「注目を集める」人権問題(つまり、会社の事業活動や関係を通じて悪影響を与えるリスクが最も高い人権)を特定し、これらの行動に優先順位を付けるよう努める必要があります。
  4. 人権および付随する契約条項に関する修正された行動規範の起草を開始する 商業契約に組み込まれます。 この指令は、デューデリジェンスの責任は、適切な行動規範や商取引上の契約条項の採用などを通じて、サプライチェーンを「カスケード」することであると予測しています。 ただし、サプライヤーに一方的な義務を課すだけでは十分ではありません。 これらの契約条項が、ガイダンスおよび国際基準の遵守に基づく責任に対する防御として使用されるためには、遵守を検証するための適切な措置を伴う必要があり、悪影響に対処するのに十分であると合理的に期待される必要があります。 サプライチェーンにおける人権リスクに効果的に対処するために、企業が調達慣行を適応させなければならず、単にその義務をサプライヤーに移すことはできない状況があります。
  5. ファイルのデザインとプレゼンテーション 苦情手続き (または運用上の苦情処理メカニズム)影響を受ける人、労働組合、および関連する市民社会組織が、実際のまたは潜在的な悪影響について正当な懸念を提起できるようにします。
READ  日本の投資家はまだベトナムに興味を持っています