Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

欧州連合の指導者たちは東京オリンピックへの支持を表明します

欧州連合の2人の高官は、コロナウイルスのパンデミックのために日本でのイベントへの反対が高まっているにもかかわらず、木曜日に東京オリンピックを主催することへの支持を表明した。

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長と欧州理事会のシャルル・ミシェル委員長は、欧州連合と日本の間の仮想サミットで菅義偉首相と試合について話し合った。

ミシェル氏は会談後、「彼は自国の当局と協力して必要なすべての予防措置を講じているとの通知を受けた」と述べた。

昨年予定されていた東京オリンピックは、パンデミックにより1年延期された。 7月23日にオープンする予定です。

会議の共同声明の中で、首脳は、「COVID-19の敗北における世界的な統一の象徴として、今年の夏に安全かつ確実な方法で」再スケジュールされたオリンピックを開催することを支持すると述べた。

現在ワクチン接種を受けている日本人はごくわずかであり、国内の世論調査によると、60〜80%がオリンピックのキャンセルを望んでおり、ゲームのキャンセルを求めるオンライン請願書は数週間以内に40万人の署名を獲得しています。 東京、大阪、その他の地域は非常事態宣言が出ており、5月31日の有効期限を超える可能性があります。

主催者と国際オリンピック委員会は、しばしば世界保健機関の権威を引用して、15,000人の障害者のオリンピックとオリンピックの選手が数万人の裁判官、役人、スポンサー、放送局、メディアが参加して日本に入ると、大会は安全に開催できると述べています。 。 海外からのファンはすでに禁止されており、来月の主催者は、オリンピック会場へのファンの入場を許可するかどうかを発表する予定です。

「もちろん、オリンピックを楽しみにしていると言った」とフォンデアライエンは語った。 「欧州連合から1億回以上のワクチンが日本に輸出されたという兆候は、オリンピックの準備とこれらの試合の安全性を支持していることの強い兆候でもあります。」

READ  ミャンマーに拘束された日本人ジャーナリスト