Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

欲求不満の日本政府はウイルスに対する準緊急措置を拡大し、結果はほとんどない



加藤勝信官房長官は、4月16日に東京の首相官邸で開かれた新しいコロナウイルス対応本部会議で、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛市の4県に準緊急措置が適用されると発表している。 、2021年。(Mainichi / Kan Takeuchi)

東京発-政府は4月16日、コロナウイルスの準緊急対策を全国の6都道府県から10都道府県に拡大し、新たな緊急事態の経済的打撃を危険にさらすことなく、国内の主要都市をカバーする広範な計画で第4波の感染を回避することを目指した。 。

政府に近い筋は、これらの措置は、州全体ではなく地方自治体に適用されているにもかかわらず、非常事態宣言と「同等」であると述べた。 しかし、大阪市が他のどこよりも早く半緊急事態に置かれ、政府が不満の兆しを見せている西日本の大阪府では、それはほとんど影響を与えませんでした。

4月16日のコロナウイルス基本行動政策諮問委​​員会で、COVID-19対応大臣の西村靖氏は、ウイルスの蔓延に対する危機感を表明し、東京に隣接する3つの県と中央県。 愛知県からの半緊急措置:「5月には、東京都、関西地方、首都圏で多様な株が優勢になると予想される。細心の注意を払って対応しなければならない」

感染の第4の波を防ぐために、政府は、レストランのレストランを早期に閉店することを要求または要求することを含め、迅速に動員できる半緊急措置を実施しました。 州政府が会社に完全な閉鎖を命じることができる緊急事態の下では、より広い領域をカバーすることができますが、それは深刻な経済的損害を引き起こすリスクもあります。 3月に解除された非常事態宣言の再発行も、政策が失敗したことを示しており、政府にとって非常に魅力のない選択肢となっています。

しかし、準緊急措置にさらに4つの都道府県が追加されたことで、日本の人口の4分の1以上(約3,500万人)が影響を受けた自治体に住んでいます。 全国の新たな感染症も4月14日、2ヶ月半ぶりに4,000人を超えました。 感染数は、地理的に限定された準緊急措置によって封じ込められると考えられているレベルをすでに超えている可能性があります。

コロナウイルス対策諮問委員会の4月16日の会議で、一部の出席者は、「非常事態宣言を発令する必要がある」と感じたと述べた。州は非常事態を宣言する必要があります。

西村氏は「全国的に感染数が増加している」と認めながら、「準緊急措置と非常事態宣言も同様の役割を果たすべきだ。まずはそうさせたい」と明言した。

その後のハウス運営委員会の会合で、「全国レベルでウイルスが急速に蔓延している場合は、非常事態宣言を躊躇しないでください」と述べたが、「発表がないことを確認するために」と付け加えた。 。必要に応じて、次のような感染を鎮めるための強力な対策を進めます。「これにより、労働時間が短縮され、イベントの開催が控えられます。」

しかし、信頼されている半緊急措置はまだその結果を示していません。 4月5日から大阪市で発効している大阪府では、午前中の乗客数はやや減少しているものの、4月16日には新コロナウイルスの記録となる1,209例を記録した。

首相官邸の関係者は、「半緊急措置の効果は、4月19日頃の2週間後に現れるはずだ」と述べ、落ち着きのレビューを示した。 しかし、記者会見で、自民党参議院与党事務局長の世耕弘成氏は、「準緊急措置であろうと発表であろうと、始めなければならない。人々の流れを止めるための具体的な対策を講じている」と語った。

4月16日、政府諮問委員会の近江茂委員長は、非常事態宣言の必要性について、厚生労働委員会に次のように語った。効果。来週以降、私たちはしなければなりません。私たちは確固たる判断を下します。」

1月から3月までの最後の非常事態宣言では、人々は拘束にうんざりしており、首相官邸の関係者はため息をつき、「発表は私たちの「最後のカード」なので、プレイしたくない。しばらくの間、非常事態宣言を継続します。「人々は再び気分が良くなる可能性があります。首相も心配しています。」

(政治ニュース部ショーン・カワグチ、コマーシャル・ニュース部藤渕志保)

READ  女王になるために、これらのアリは戦います-そして彼らは彼らの脳を縮めます