Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

武田薬品、ブルックリンパークキャンパスに4,500万ドルを投資

武田薬品、ブルックリンパークキャンパスに4,500万ドルを投資

午後4時34分 | 2023年9月14日(木)

ミネソタ州知事ティム・ウォルツの今週の発表によると、武田薬品工業はブルックリンパークキャンパスへの4,500万ドルの投資を完了した。

この投資は、同社の生産能力の向上と新たな雇用機会の創出に役立つと期待されている。

知事は昨年、日本の貿易代表団をミネソタ州に招待し、ブルックリンパークの州間高速道路610号線沿いの竹田キャンパスにも立ち寄った。

「ミネソタ州を事業を経営し、暮らし、働き、家族を養うのに最適な州にするための政策を制定することで、投資を呼び込むことに成功し、世界舞台でミネソタ州の企業に対する高い評判を築くことができた」とウォルツ氏は発表を発表した声明で述べた。 。 竹田ニュース。 「私たちは今後も日本および世界中のパートナーと協力して、これらのビジネス関係を強化し、ミネソタ人にとっての機会を拡大していきます。」

ウォルツ氏の事務所によると、ミネソタ州で事業を展開する日本企業の数は2019年以降、35社から50社近くに増加し、州内の120以上の拠点で事業を展開している。

昨年、ブルックリンパークの竹田で行われた日本の貿易代表団との知事の会談。

ウォルツ知事は今週東京を訪問し、同州と日本との経済連携強化を期待している。 ブルックリンパーク市長のホリス・ウィンストンも今回の旅行に参加している。

武田薬品は米国最大の製薬会社の一つです。

ブルックリンパーク

READ  イスラエルと日本は自由貿易協定の可能性を模索中