Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

武田薬品が日本の新しい血漿分画製剤製造施設に7億6000万ドル以上を投資

武田薬品が日本の新しい血漿分画製剤製造施設に7億6000万ドル以上を投資

日本の製薬大手の武田薬品は、プラズマ治療の製造能力を拡大するため、家の近くで大規模な投資を行う予定です。

武田薬品は木曜日、血漿由来治療法(PDT)を製造するための新しい製造施設を建設すると発表しました。 によると 確認解除、それはプロジェクトに7億6180万ドルを投資することを計画しており、日本での製造能力を拡大するための最大の投資となり、国内最大のPDT製造拠点となります。

製薬会社はまた、武田薬品が 1915 年から製造を行ってきた大阪の常総地区に新工場が建設され、2019 年に新しい生産拠点での作業を開始すると述べています。できる。 日本の成田にある現在の PDT サイトよりも 5 倍多くの治療を生成します。

武田薬品の広報担当者は、武田薬品は現在、日本政府や大阪府からお金を受け取っていないが、将来的にはこれらのオプションを検討する用意があると述べた. エンドポイント ニュース 手紙で。

トーマス・ウォズニエフスキー

武田薬品のグローバル製造および供給責任者である Thomas Wozniewski 氏は木曜日の声明で、この施設では年間 200 万リットル以上の製品を生産する予定であると述べています。

ウォズニエフスキー氏は、武田薬品は新しいサイトで、代替療法のない病気の患者を含め、PDT に依存している患者に製品を提供したいと考えていると述べた。

武田の広報担当者は、敷地面積は約 26,000 平方メートル、つまり 279,000 平方フィートを超えると付け加えました。 建設は2024年に開始される予定で、約400人の労働者を雇用する予定です。

血漿分画製剤は、日本ではまだ満たされていないニーズの高い分野です。 需要が高まっている一方で、免疫グロブリン (IG) によるタイムリーな診断と治療の割合は、現在、世界の他の地域よりもはるかに低くなっています。 さらに、血漿分画製剤は中核的な戦略的事業であり、当社の資本配分戦略において極めて重要です」と武田の広報担当者は述べています。

武田薬品は、日本国外で PDT マシンを構築するために多額の資金を投入してきました。 昨年、タケダはベルギーのレザンにある製造拠点を 28,266 平方フィート拡張することを発表しました。 この拡張は、今年中に予定されています。

READ  ヴェルナーヘルツォークレビューによるトワイライトワールド-映画製作者の恐ろしいデビュー| 翻訳のファンタジー