Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

歩行者検知技術は日本で普及しており、それが米国にも導入されています。

歩行者検知技術は日本で普及しており、それが米国にも導入されています。

交通弱者にとって交差点の安全性を高めるために日本で広く使用されている住友の歩行者検知センサーが米国市場に登場します。

米国では2009年以来、歩行者の死亡者数が増加している。 2017年に発売された住友電気工業(SEI)の高度な歩行者検知センサーは、米国の道路で使用するためにIteris ClearMobilityプラットフォームに統合される予定です。

SEIは現在、日本の5つの地域で事業を展開しており、高度なレーダー技術を利用して正確な歩行者を検知するこの製品は、特に高齢者など交通弱者の交通事故の削減に役立っているとしている。

住友電工のシステム・エレクトロニクス本部長の平田仁氏は、「当社は日本国内だけでなく国際的にも安全基準の向上に取り組んでおり、イテリスとの技術面および業務面での協力は当社にとって重要なマイルストーンとなる」と述べた。

「イテリスの広範な市場経験と販売ネットワークを活用することで、当社の高度な歩行者検出センサーをClearMobilityプラットフォームに統合することで、歩行者とアメリカのドライバーの両方にとって安全性と信頼性の新たな基準が確立されると確信しています。」

このコラボレーションは、「より安全でスマートなモビリティの未来に向けた私たちの共通のビジョンの証です」とイテリス CEO のジョー バージェラ氏は述べています。

この検出システムは、公共機関や民間企業のモビリティ インフラストラクチャを監視、視覚化、改善するために設計された ClearMobility に新しい歩行者のモビリティ データを提供します。

READ  日本のウクライナへの防衛資料の送付は曖昧な地域と見られている