Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

死の縮小:岐路に立つ日本の葬儀業界

10月下旬、加山美子さんの義母が90歳で亡くなりました。 彼女は夫を亡くし、認知症を患い始めた後、老人ホームで暮らしていました。

豪華な葬儀を披露するのではなく、東京の三神茶屋地区に住む 55 歳の加山さんは、彼女と夫だけが出席する控えめなサービスを行うことにしました。

私たちには子供がいませんし、夫には兄弟姉妹がいません。 「私の両親もとても年をとっていて、親戚と一緒に過ごすことはほとんどありません」と加山さんは言います。 「そのため、私たちは人を招待しないことに決め、その代わりに彼女を火葬場に送る前に非常に簡単な儀式を行うことにしました。」

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ申し込む

READ  日本のアニメーション業界の売上高は2020年に1.8%減少し、10年ぶりに減少しました