Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

殺人癖により「80歳男性の肺」を発症した若い母親への警鐘

殺人癖により「80歳男性の肺」を発症した若い母親への警鐘

ある母親は、呼吸中に「パチパチ」という音が「肺を熱々の鶏肉のように炒める」習慣のせいだと気づき、電子タバコのせいで死にそうになったと主張している。

ハンナ・ロスさんは、これまで喫煙したことはなかったが、パンデミックによるロックダウンのストレスから電子タバコを「悪い習慣」として取り入れ、すぐに「一日中毎時間」電子タバコを吸うようになったと語った。

30歳の彼女は先月、呼吸中に肺の中で「ポン」という音が聞こえるようになり、摂氏40度の発熱を起こした。 母親は、医師が電子タバコによって引き起こされる肺炎であることを明らかにしたとき、これが副作用の可能性があるとは知らなかったので、恐怖を感じました。

スキャンの結果、彼女の肺は80代か10年間喫煙していた人の肺に似ていることが判明し、X線検査では肺が悪化しつつあることが判明した。

母親の肺のX線写真。 出典: ケネディのニュースと写真

母親の肺のX線写真。 出典: ケネディのニュースと写真

受付係は、医師が彼女のメンソールタバコをゴミ箱に捨て、このままでは「死ぬ」と警告したその日以来、電子タバコに触ることを拒否していると語った。

米国テネシー州出身のハンナさんは、「医師がやって来て、レントゲン写真を見せて『電子タバコを使っていますか?』と言いました。『これが肺炎の原因です』と言った」と語った。

「彼は私に、もし私がそれを続ければ、 [vaping] そうしたら、私はたくさん死ぬでしょう。 彼は私のバッグから電子タバコを取り出し、ゴミ箱に捨てました。 彼は私に、「これを吸い続けると息ができなくなるよ」と言いました。

「母親としてとても怖かったです。2人の子供の世話をしなければならないので、もう電子タバコを吸うことはできないと分かっていました。これは30歳の女性の肺のあるべき姿ではなく、まるで喫煙したように見えます」 10年間ね」と彼は言った。

「最初のスキャンで自分の肺が80代のような、もっと年上の人のように見えたとき、電子タバコにそんなことができるとは思っていなかったので、自分に本当に腹が立ちました。

「医師は、その蒸気を吸うたびに、その蒸気が肺に入り込み、そこで熱々の鶏肉を揚げているようなものだと言いました。」 だから息をするときにパキパキ音がしたんです。」

ハンナさんは、4 年間毎日 1 時間ごとに電子タバコを吸っていると推定しています。

現在、ハンナは7歳と10歳の2人の息子の世話をするために電子タバコを避けることを誓っており、他の人たちにも電子タバコを吸わないように警告したいと考えている。

「病院に行ってから電子タバコを吸うのをやめたので、肺からパチパチという音も出なくなりました」とハンナさんは語った。

「医師は、私が電子タバコを吸うのをやめれば、それ以上電子タバコを吸わない限り私の肺は治るだろうと言いました。

「今でも電子タバコを吸いたくなることがありますが、ガムをたくさん噛むと効果があります。全体的に健康になったように感じますし、毎週電子タバコを買わなくなったのでお金も節約できています。

「私のアドバイスは、電子タバコを吸わないこと、手に取って絞らないことです。自分ではコントロールできると思っていても、コントロールできないこともあります。」

– ケネディのニュースと写真

ストーリーのヒントはありますか? Eメール: [email protected]

フォローすることもできます フェイスブックインスタグラムチクタクツイッター そして ユーチューブ

READ  宇宙の極端な地平線は、量子状態を現実に引き寄せることができます:ScienceAlert