Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

毎週の散歩:スマートフォンのせいで日本の若者の外出が増えている?

毎週の散歩:スマートフォンのせいで日本の若者の外出が増えている?

日本のデータ

一般社団法人健康スポーツライフスタイル協会


日本人の運動習慣を調査したところ、20~30代でウォーキングの人気が高まっていることがわかった。

2022 年に少なくとも 1 回ハイキングまたはウォーキングに出かけた日本人の割合は 48.3% で、これは推計 4,980 万人に相当します。 これは、笹川スポーツ財団が2年ごとに定期的に実施している、人々の運動習慣を調査した結果によるもの。 気が向いたときや健康診断のためだけでなく、週に1回以上歩いている人は人口の36.8%、推定3,800万人を占めた。 1996 年にはその割合は 13.6%、推定 1,310 万人でした。この割合と推定人数は過去 26 年間でほぼ 3 倍になったことを示しています。

年代別にみると、「年に1回以上」「週に1回以上」ウォーキングやウォーキングをしている人の割合は60歳以上が最も高く、20代、30代が最も低かった。 しかし、2010年以降、高齢世代の割合は比較的安定している一方、20代、30代では週1回以上のウォーキングの着実な増加が観察されています。

笹川スポーツ財団は、写真やビデオの撮影、ソーシャルメディアへの投稿、位置情報ゲームのプレイ、歩数の追跡などのスマホアプリの利用を楽しんでいるために、若者の外出やウォーキングが増えていると指摘している。 60代以上の割合はここ10年変わっていないが、近年は若い世代の増加が進んでおり、全体の移動・徒歩人口の割合が上昇している傾向にあることが注目される。

少なくとも年に 1 回は歩く/歩く人の割合

少なくとも週に 1 回はウォーキングをする人の割合

(日本語から翻訳、英語から翻訳、タイトル画像はPIXTAより)

健康
ウォーキング

READ  大型ULAロケットの初打ち上げが再び遅れた