Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

気候変動により降雨量が激化しているのでしょうか?

気候変動により降雨量が激化しているのでしょうか?

日本の「史上最悪の豪雨」により、日本の南西部で洪水と土砂崩れが発生した。

州当局者や消防庁関係者らによると、少なくとも3人が死亡、多数が行方不明となっている。 そして数十万人が自宅から避難するよう促された。

福岡市と大分市で土砂崩れが発生し、少なくとも9人が行方不明となっている。

福岡県曽田市の住宅で土砂崩れが発生し、女性が死亡した。 久留米市と広川市で1人が増水した浸水で車が立ち往生し、死亡したとみられる。

川が堤防を決壊させた そして、雨に濡れた数十の丘の斜面が崩壊し、土砂崩れが発生した。

今週日本では大雨が降ります

一週間以上経ってから この地域では火曜日には全国的に大雨が予想されています。

当局者らは、雨のピークは過ぎ、厳重に警戒していた警報も解除されたと発表した。 彼らは依然としてリスクを懸念している 洪水しかし。

国交省河川担当の豊口義之氏は記者団に対し、「一週間雨が降り続いたため、この地域は非常に濡れている」と語った。

佐賀県唐津市で起きた土砂崩れの現場。 – 京都ニュース(AP経由)

同氏は、雨が少なくても川の水位は急速に上昇し、洪水の原因となると付け加えた。

気象庁の杉本敏氏は「観測史上最大の豪雨」で「すでに災害が発生している可能性が高い」としている。

現在、この国には毎年雨季がありますが、科学者らは、温暖化した大気により水が多くなるため、世界中で雨が降っていると述べています。

気候変動による大雨?

ここ数日間、世界のさまざまな国で大雨が降りました。 インドでは、ニューデリーが40年間で最も暑い7月の日を記録した 洪水 少なくとも22人が死亡した。

この洪水により北部のヒマーチャルプラデシュ州、ウッタラーカンド州、パンジャブ州、ハリヤナ州で鉄砲水や地滑りが発生し、インド気象局(IMD)が非常警報を発令した。

IMDによると、日曜日にニューデリーでは153ミリメートルの雨が降り、同市が7月に観測した雨量としては1982年以来で最大となった。

ロイター/アヌスリー・ファドナビス

2023年7月8日、インドのニューデリーで、大雨の後、冠水した道路をバイクで歩く男性。 – ロイター/アヌスリー・ファドナビス

日本とインドで降雨量が増加する中、懸念が高まっている 気候変動のペース

世界気象帰属協会 (WWA) によると、1950 年代以降、世界のほとんどの地域で降水量がより頻繁かつ激しくなりました。

70年間のデータに基づいたWWAの新たな研究では、人為的な気候変動と雪の代わりに降雨量が増加したことが2つの最大の要因であることが判明した。

温暖化が進むごとに、海抜 2,000 メートルでの極端な降水の確率は 15% 増加します。 これは丘陵地や低地の地域社会にとって壊滅的な打撃となるだろう。

READ  インドと日本は5G技術における二国間協力について話し合っている