Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

気候変動の推進との関連で、G7は国際的な石炭融資を停止することに同意します

2020年7月13日、米国ペンシルベニア州ニューキャッスルの露天掘り鉱山から無煙炭を掘削する重機。2020年7月13日撮影。(ロイター)/ DaneRice /ファイル写真

世界の7大先進国は金曜日に、炭素排出石炭プロジェクトへの国際的な資金提供を今年末までに停止し、世界的に合意された気候変動目標を達成するためにすべての化石燃料への支援を段階的に廃止することに合意した。

化石燃料への融資を停止することは、地球温暖化を産業革命以前の1.5°C以上に制限するために世界がとることができる主要なステップと見なされており、科学者は気候変動のより壊滅的な影響を回避すると述べています。

石炭プロジェクトへの国際金融をこのような短期間で終わらせることに日本を巻き込むことは、石炭への助成を続けている中国のような国々がますます孤立し、停止する圧力に直面する可能性があることを意味します。

ロイターがレビューし、以前に報告した声明の中で、欧州連合に加えて、米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本という7か国のグループは、「石炭への国際投資は今やめなければならない。 。」

「(我々は)政府開発援助、輸出金融、投資、金融および貿易促進支援などを通じて、2021年末までに衰えることのない国際的な一般炭発電に対する新たな直接政府支援の絶対的な終焉に向けて具体的な措置を講じることを約束する。」

石炭は、発電でまだ広く使用されていないシステムである、結果として生じる排出物を捕捉するための技術を使用せずに、エネルギーまたは熱のために燃焼されると容赦がありません。

COP26気候サミットの議長であるAlokSharmaは、世界の化石燃料への依存を終わらせるために、国際的な石炭融資の停止を「個人的な優先事項」とし、11月の国連サミットを「石炭を歴史に届ける」サミットにするよう求めた。

彼は中国に「長期目標の達成に役立つ短期政策を設定するよう求めた。中国のシステム全体が習近平大統領が彼の政治目標として設定したものを達成する必要がある」。

より具体的に、緑のコンボを言う

G7諸国はまた、「他のグローバルパートナーと協力してゼロエミッション車の導入を加速する」こと、および「大多数」が2030年にエネルギー部門を脱炭素化し、化石燃料の国際金融から脱却することに合意しました。この目標には日付が設定されています。

彼らは、2015年のパリ協定へのコミットメントを再確認しました。これは、産業革命以前の気温よりも1.5°C近くの気温上昇を終わらせ、先進国の気候変動資金を2020年までに年間1,000億米ドルを動員することを目的としています。 2025年まで。

米国の気候特使ジョン・ケリーは、世界最大のG20諸国にこの措置に遅れを取らないように促した。 続きを読む

しかし、一部のグリーングループは、ステップを歓迎する一方で、グループオブセブンはより厳しいスケジュールを設定する必要があると述べました。

グリーンピースUKの政治問題責任者であるレベッカ・ニューサムは、次のように述べています。

今週初めに発表された報告書で、国際エネルギー機関(IEA)はこれまでのところ厳しい警告を発し、世界が世紀半ばまでに正味ゼロ排出量に到達したいのであれば、投資家は新しい石油、ガス、石炭供給プロジェクトに資金を提供すべきではないと述べた。

ネットゼロに到達することを誓約する国の数は増えていますが、その約束が完全に果たされたとしても、2050年には世界中で220億トンの二酸化炭素が存在し、2100年までに約2.1℃の温度上昇につながります。エージェンシーは言った。EnergyInternationalは「NetZeroby2050」レポートで。

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  アマゾンは日本のデータセンターに再生可能エネルギーを求めています