Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

水銀リスクを減らすため、2027年までに蛍光灯の生産を中止する

水銀リスクを減らすため、2027年までに蛍光灯の生産を中止する

水銀に関する水俣条約の署名国は、2027年末までに直管蛍光灯の製造、輸出入を禁止することで合意し、家庭やオフィスで使用されるすべての蛍光灯の生産を終了する道が開かれた。

この合意は、水銀を包括的に規制する国際条約の締約国会議で合意され、11月3日にジュネーブで閉幕した。

両当事者は、この機器が人間の健康にもたらすリスクを指摘した素材の使用。

各国はこれまでに、2025年までに円形蛍光ランプやその他のタイプの製造、輸出入を禁止することで合意している。

水銀は室温で液体であり、蛍光灯、温度計、電池など幅広い製品に使用されています。

しかし、毒性も強いのです。 日本では、工場廃水による水銀中毒は、発生した熊本県の都市にちなんで「水俣病」として知られています。

健康リスクや環境汚染の防止を目的とした「水銀に関する水俣条約」は県庁所在地の熊本市で2013年に採択され、2017年に発効した。

現在、147の国と地域がこの条約に署名しています。

会議に参加した米国のNGO、クラスプによると、一部の国は禁止期限を遅らせるよう求め、2030年やその他の年を提案したが、代替案が既に存在するという事実を考慮して、代表団は最終的に2027年に同意した。

この条約は製造およびその他の活動を対象としています。 在庫販売および既存製品の継続使用は許可されます。

日本では直管蛍光灯を製造している会社がいくつかあります。

蛍光灯からよりエネルギー効率の高い発光ダイオードへの切り替えは、二酸化炭素除去に効果があると予想されます。

2027 年までに LED が蛍光灯に取って代われば、2050 年までに世界中で二酸化炭素排出量が累計 2.7 ギガトン削減される可能性があると Clasp 氏は推定しています。

READ  記録破りのレーザーパルスにより、天体物理学的現象を実験室で研究することができます