Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

永住権取り消し、国会交渉で争点

永住権取り消し、国会交渉で争点






この資料写真には、東京の千代田区にある国会議事堂が写っています。 【毎日・竹内寛】

東京–日本に住む外国人が税金や社会保険料を故意に滞納した場合、永住許可を取り消すことを可能にする法改正案が国会審議で話題になっている。 野党議員による。

国会議員らは、現行の技能実習制度を新たな外国人労働者研修制度に置き換える関連法改正案を審議している。 野党は永住権取り消し規定を繰り返し批判してきた。

新制度は、​​人手不足が深刻な分野で単純外国人労働者を受け入れることを目的としている。 政府は日本への永住希望者の増加を見込んで、永住許可取り消しの条件に税金や保険料の滞納をあえて加えた。 この措置は悪意のみに基づくものであり、本人に落ち度がないやむを得ない事情による支払い不履行には適用されない、と主張している。 政府は永住許可が取り消されても、法務省の権限で多くの人が別の在留資格を得ることができるとして理解を求めている。

しかし、永住者の滞納に関する統計がなく、法改正の根拠がないと一部野党から批判が出ている。 これを受けて出入国在留管理庁は5月8日にサンプル調査の結果を公表した。 同庁は永住者の間に生まれた子どもの永住権申請をもとに、2023年1~6月に審査が完了した1825件を分析した。 それによると、永住者がこれらの子どもたちの養育費を支払っていないケースが235件あったことが判明した。

サンプル調査では国民年金保険料の未納率は10%を超えていました。 厚生労働省によると、2020年度の年金制度の最終未納率は全国で20%未満となった。

立憲民主党の鎌田小百合議員は8日の衆院法務委員会で「(外国人が)払わないなら書簡を送るべきだ」と政府を批判した。日本人と同じように、支払いと資産の調査と没収を要求している。」

この問題は5月10日の厚生労働委員会の審議で取り上げられ、立憲民主党の西村真奈美議員がサンプル調査について質問した。 同氏は永住許可取り消しの対象となる235件の不払いのうち、故意の不払いの件数を政府に尋ねたが、当局は回答できなかった。 西村氏は「離脱理由との紛らわしい追加。容認できない」と述べた。

日本維新の会の足立康史衆院議員は、サンプル調査だけでなく、滞納率の実態を正確に把握するよう政府に求めた。

【三上健太郎】

READ  長い歴史を誇るジャパン・ハウス