Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

江戸魔女:東京店の魅力的な手工芸品は、伝統的な花のヘアピンの花を助けます

東京-ピンクの桜は、全国の春の到来を告げるだけでなく、4月の会計年度または学年度の開始に合わせて、企業や学校に入学したばかりの人々、または新しい仕事に雇われた人々の新たな始まりの季節を告げます。

桜の美しい景色で知られる景勝地のひとつは、首都墨田区の向島で、日本一高いタワー、東京スカイツリーから徒歩わずか数分です。 塔の頂上から見ると、隅田川沿いの満開の桜並木が東京のダウンタウンの「下町」エリアに彩りを添えています。

若い桜の枝によく似た「江戸つまみかんざし」と呼ばれる伝統的なヘアアクセサリーは、この地域の伝統的な簪の店である杉野守さん(47)の隣にあります。製品。。 ヘアピン。 菊、梅、椿、あじさい、藤など、日本の季節の花をモチーフにした美しいモチーフも展示されていました。



2021年3月4日、東京都墨田区スヂノ商店で結婚式の際に白雪姫「簪簪」の飾りが見られます。頭の両側に小さなヘアピンが、大きな「勝山」の飾りが中央はパンに取り付けられているのが見えます。 (毎日/丸山宏)

「つまむ」とは、日本語で「円盤」を意味し、つまみかんざしで円盤を使って花びらを作り、切手ほどの小さな四角い絹の布を折ります。 伝統工芸は日本の古都京都で始まり、後に江戸、現在の東京に広がったと言われています。

昔、女性用のかんざしヘアアクセサリーは、さまざまな素材を使って作られていました。 銀や他の金属で作られた古代のヘアクリップ、石、またはタイマイの殻を加工して作られたキャラメルピコは今日でも存在しています。 一方、今日の伝統的なヘアピンの原料として使用されている高品質の織物の一種である「羽二重絹」から作られた古代のかんざしつまみはありません。

平織りは1本と1本の撚り糸を使用していますが、「羽二重」は2本の縦糸で織られており、滑らかさと光沢のある仕上がりが特徴です。 生地の種類によって風合いは異なりますが、シルクは柔らかく接着剤をよく吸収するため、さまざまな形に簡単に形作ることができます。

徳川幕府の終わりに、江戸で簪簪のヘアピンの生産が急増しました。 それから約200年前、これらのヘアアクセサリーの伝統文化は、匿名の職人の職人技を通して受け継がれ続けています。

伝統的なヘアピンを作るための材料と手順は、江戸時代(1603-1867)以来、一般的に変更されていませんが、ペーストに使用される材料は、大幅に変更された唯一の要因です。 もともとは米から作られたでんぷんペーストが使われていましたが、このガムは今でも杉野商店などの伝統的なかんざし工芸品の製造に使われています。

「米のペーストを使って絹を強化しているので、虫やネズミが布を噛みます。濡れると装飾も形が崩れ、光が当たると生地の色が変わります。まるで本物の花が咲いているようです」と杉野さん。 。

しかし、第二次世界大戦後の強力な接着剤の開発により、さまざまな耐久性のある素材のテクスチャーを使用する可能性が開かれ、従来の技術を使用してテクスチャーの範囲が拡大しました。 最終品の見た目は接着剤によって大きく異なると言われています。

今日では、簪簪生地を使用したヘアアクセサリーを使用して、結婚式や伝統的な日本舞踊のダンスパフォーマンスなど、人生のお祝いの行事やイベントに彩りを添えています。 成人式、卒業式、入学式、七五三の7歳、5歳の男の子、3歳の女の子と男の子の簪などのアイテムも注文が中心です。フォーマルな着物を着ています。

装飾はすべて手作りですが、かんざしを作る職人の資格は老朽化しており、首都の職人数は10人を下回っています。 そんな中、趣味で簪簪を自作する人も増えているようです。



2021年3月4日、東京都墨田区の末野商店で、伝統的な「つまみかんざし」のヘアアクセサリーを作る道具が見られます。



2021年3月4日、東京都墨田区スヂノ商店で、伝統的な「簪簪」の髪飾りを作る過程で、四角い絹をピンセットで2つ折りにしたものが見られました。 /丸山宏))

杉野さんの45歳の妻、聡子さんは、押し花の実際の作り方を実演しました。 素材は、一辺3cmの正方形にカットされた数種類の小さな絹布、でんぷんから作られた「へみのり」ペースト、厚い画用紙、ワイヤーなどがあります。

まず、生地をボード上に均等に広げます。 絹織物は細かく折りたたまれ、ピンセットで接着剤の表面に吸収されるまで貼り付けられます。 次に、生地は花びらに似た形に折りたたまれます。 丸い花びらにデザインされた「まるつまみ」技法、または「角つまみ」とも呼ばれる、細い先のとがった花びらをイメージする「けんつまみ」技法を使用します。



2021年3月4日、東京都墨田区スヂノ商店で、伝統的な「つまみかんざし」のヘアデコレーションの一環として、プリーツをつけた絹の小片がのりでびしょ濡れになっているのが見られました。丸い花びらの丸つまみ、後ろはとがった花びら「けんつまみ」。 (毎日/丸山宏)



2021年3月4日、東京都墨田区スヂノ商店で、伝統的な「つまみかんざし」の髪飾りを作る過程で、折りたたまれた絹の部分が段ボールの台座に円形に取り付けられます。(Mainichi / Hiroshi丸山)

「花びらの基本的な形は、さまざまな花に変形したものです」と聡子氏は語った。 数分間浸した後、布が接着剤をよく吸収した後、小さな画用紙のベースに1枚ずつ貼り付けて花に変えます。 このようにして作られたこれらの小さな花のいくつかは一緒に結ばれ、糸でしっかりと固定されています。 そして、アクセサリーが完成しました。

「まずは 『丸つまみ』の花びら5枚を使った梅の形をお勧めします」と聡子さん。 基本的にはシンプルな工芸品なので、手が上手で少しずつアイテムを作っていく過程を好む人にぴったりです。

明治時代(1868-1912)以降、日本で着物の着用数が減少するにつれて、かんざしアクセサリーを使用する機会も減少しました。 日本の伝統的な服は今では特別な機会にしか着られませんが、サトクはツマミのテクニックを使って日常の環境でも使えるヘアアクセサリーをデザインしました。 一見花束のように見えますが、実際には10〜15個のつまみ飾りで作られています。 個人が自分のスタイルを選んでアレンジしながら、通常の洋服と合わせることができます。 髪につけていないときは生け花のように飾ることができます。



アレンカシリーズのパッケージには、2021年3月4日に東京都墨田区のすじぬ商店で見られた花束に似た伝統的な「つまみかんざし」の髪のモチーフが含まれています。(毎日/丸山宏)

「このデジタル時代では、つまみデコレーションは完全に手作りされた非常にアナログな製品ですが、それが私たちがユニークな作品を作ることを楽しんでいる理由です。私たちは人々にこれらの工芸品をさまざまな方法で楽しんでもらいたいのです」とSujinusは言いました。 。

この深刻な欲求は、これらの微妙に開花したミニヘアアクセサリーに存在します。

(毎日新聞の森忠彦スタッフライターによる日本出身)

* * *

この記事の日本語版は、もともと2021年3月23日に発行されたものであり、ストーリーで参照されている個人の年齢は発行日現在のものです。

* * *



国立国会図書館のデジタルアーカイブから、歌川広重の「江戸の名所」シリーズの木版画「隅田川沿いの満開の桜」(水田川花咲)。

向島地区は、江戸時代からレクリエーションが盛んな浅草から隅田川の向かい、杉野商店のある東京都墨田区にあります。 「マク」という言葉は「向こう側」を意味するので、この地域の名前が付けられました。 隅田川のほとりにある桜の風光明媚な美しさは、江戸時代、幕府徳川吉門VIIIが1717年に植えた江戸時代、享保時代の2年目にあると考えられています。 また、毎年多くの人が桜を見に来て地面を踏みにじることで、橋の耐久性を高めることを目的に桜が植えられたと言われています。 このエリアは、多くの浮世の大ヒットプリントのテーマとしても使用されました。

* * *

簪杉野(杉野商店)は、東京都墨田区向島3-20-7にあります。



2021年3月4日、東京都墨田区スヂノ商店店での杉野守さん(右)と妻の佐徳さん(毎日/丸山宏)

1948年、守の祖父である杉野義美がアクセサリーなどを販売する店として創業。 明治から墨田区は繊維産業の中心地であり、杉野友人は当初ハンカチやマスクを販売していたと予想していた。 芸者「花街」の近くには、簪簪の職人がいたため、ヘアアクセサリーや造花の生産・販売を続けました。

ストアの公式ウェブサイトはhttps://sugino.business.site/でアクセスできます。

* * *

魔女江戸

「魅惑の江戸」シリーズは、数百年前の伝統、職人技、職人技、文化に光を当てています。 物語は、日本の首都の古代の店を垣間見ることができます。彼らはすべて、定着したスキルと才能を保護すると同時に、それらを現代に生き続ける方法を探しています。

右上のリンクからタイトルの下にアクセスできる日本語の原文には、テキストに表示されているすべての漢字を読むのに役立つふりがなが含まれています。 この家族向けのスクリプトは、主に日本の小学生を対象としていますが、中級日本語を学習している外国人の読者も使用できます。 日本の文化、言語、またはその両方に興味のある読者には、このシリーズを最大限に活用することをお勧めします。

映画「魅惑の江戸」は毎週火曜日に公開されます。

READ  アジアは3か月ぶりの高値を振り切り、米国の給与に先んじて注意