Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄は、日中戦争の終結から77年後、米国に基地のプレゼンスを減らすように促している

新しいこれで、FoxNewsの記事を聞くことができます。

沖縄は木曜日、第二次世界大戦の血なまぐさい戦争の終結77周年を祝い、知事は、地域の軍事的緊張に対する地元の懸念が高まる中、日本南部の島々での軍事的プレゼンスをさらに減らすよう米国に求めた。 。

沖縄戦争で約20万人が亡くなり、その半数が沖縄の住民でした。 日本の戦時中の軍隊は、米国が本島に上陸するのを遅らせようとして、本質的に地元の人々を犠牲にしていた。

沖縄の多くの人々は、台湾などの地政学的なホットスポットに近い離島での日本のミサイル防衛と滝の能力の向上を懸念しています。

[1945年6月23日の終戦記念式典では、岸田文雄首相らを含む沖縄の約300人の補佐官が正午に一瞬沈黙し、戦死者に菊を置いた。コロナの恐怖のため、助手の数は減りました。

日本の岸田文雄首相は、2022年6月23日木曜日、沖縄の平和記念公園で行われた式典で黙って祈っています。 日本は第二次世界大戦の血なまぐさい戦争の1つである沖縄戦をマークしました。 木曜日に彼らは77年前に終わった日本の南の島で戦った。
(AB経由の京都ニュース)

バイデンはNATO首脳会合の中で「10年で最も深刻な安全保障状況」であるG7に出席する

沖縄本島の江戸満で行われた式典で、玉城デニー知事はロシアのウクライナ侵攻について語った。

「私たちは言葉では言い表せないほどのショック状態にある」と彼は言った。

玉城氏は、「沖縄が戦場に残らないように」、核兵器廃絶と戦争放棄に向けて努力を続けることを誓った。

5月は、米国による国の大部分の占領が終わってから20年後の、1972年に沖縄が日本に帰国してから50周年を迎えます。

今日、二国間安全保障協定に基づく日本の5万人の軍隊のほとんどと米軍施設の70%はまだ沖縄にあり、日本の土地のわずか0.6%です。

沖縄は米軍基地のせいで、米軍に関連する騒音、汚染、事故、犯罪に直面していると玉城氏は語った。

岸田文雄首相は、2022年6月23日木曜日、沖縄県デュマン登山店の平和記念碑の前で花束を贈呈します。 日本は第二次世界大戦の血なまぐさい戦争の1つである沖縄戦をマークしました。 木曜日に彼らは77年前に終わった日本の南の島で戦った。  (AB経由の京都ニュース)

岸田文雄首相は、2022年6月23日木曜日、沖縄県デュマン登山店の平和記念碑の前で花束を贈呈します。 日本は第二次世界大戦の血なまぐさい戦争の1つである沖縄戦をマークしました。 木曜日に彼らは77年前に終わった日本の南の島で戦った。 (AB経由の京都ニュース)

Fox Newsアプリを入手するには、ここをクリックしてください

岸田氏は、27年間の米国占領下の後方島の経済成長には、米軍基地からの沖縄の負担を軽減するための政府の努力がさらに必要であることを認めた。

日本と南島グループの間の安全保障上の負担のバランスをとるためにワシントンと交渉する東京の努力の欠如、そして米国の存在と東京の欠如は、沖縄の憎悪と欲求不満を深めました。

岸田文雄は、中国、北朝鮮、ロシアからの脅威を引用し、今後数年間で日本の軍事力と予算を増強することを誓い、敵の攻撃能力が日本の平和維持憲法に干渉する可能性があると批判している。

READ  1960年日米防衛協定と反契約運動