Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄は創立50周年を迎える平和行進を主催しています。 日本に帰る

帰国50周年の前日の土曜日、南島で米軍の負担を軽減するよう沖縄に呼びかける和平行進が行われた。

東京よりも地理的に台湾に近いこの州は、国土の0.6%しか占めていませんが、日本の米軍施設が独占的に使用している総面積の約70%を占めています。

2022年5月14日、沖縄県ジェノヴァに平和行進のために人々が集まり、島嶼国が米国から日本に返還されてから50周年を迎えました。 (京都)

コロナウイルスの発生による3年ぶりの9キロメートルの行進は、ジェノバの住宅街の真ん中にある米海兵隊空港フデンマの近くで始まりました。

1996年の日米合意によると、空港が占める土地の埋め立ては、その場所のために世界で最も危険であることが知られており、両国は、人口の少ない沿岸地域である辺野古にサイトを移転しようとしています。名護。

移転計画は沖縄の人々からの強い反対に直面しており、多くの人が風伝馬基地を州外に移転することを要求している。

第二次世界大戦で日本が敗北した後、1952年に日本が主権を取り戻した後、沖縄は1972年まで米国の支配下にありました。

アメリカのカタナ空港近くに約1,000人が行進した。 1978年以来、沖縄が帰国した日を記念して5月15日に同様のイベントが開催されましたが、ウイルスの蔓延により2020年と2021年に平和行進が中止されました。

READ  新しい米国/日本の亜種を見る