Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄は非常事態宣言で日本の10番目の州になる予定です

沖縄は、今年の東京2020オリンピックとパラリンピックの修正に先立って、COVID-19に対する懸念が高まっているため、非常事態宣言の増加する日本の州のリストに追加されました。

日本のスーチー首相は、この地域でのコロナウイルスの増加に対応して、非常事態宣言を沖縄を含むように拡大しました。

沖縄では5月23日(日)から6月20日まで厳重な対策が講じられます。

対策の一環として、レストランが酒を飲んだり、観光客に州に旅行しないように促したりすることを避けることが期待されています。

現在、東京を含め、日本の47州のうち9州が緊急事態の管理下にあります。

今月初め、北海道、岡山、広島、東京、大阪、京都、兵子、市、福岡が激しい行動にさらされ、少なくとも5月31日までその場に留まる予定です。

沖縄県知事のデニー・タマギ氏は、彼の医療制度は「危機に瀕している」と述べ、日本政府に彼の地域をリストに加えるよう求めた。

この地域では、過去24時間で198回の感染があり、1日あたりのコロナウイルス数が2番目に多く、病床の90%以上がCOVID-19患者で埋め尽くされていると言われています。

京都ニュース 専門家委員会は沖縄の包含を承認したと伝えられているが、政府は非常事態への参加を求める木府省の要請を拒否した。

沖縄県知事デニー・タマギ地域の医療制度
沖縄県知事の玉城デニー氏は、COVID-19感染が増加しているため、この地域の医療システムは「危機に瀕している」と述べた。 ©ゲッティイメージズ

今日5,723件の新規症例を確認した日本は、流行の第4波が襲った後、ピークを超えたと考えられています。

しかし、コロナウイルスの発生に対する政府の対応を担当する西村康稔大臣は、ウイルスの新しいインドの亜種に対する恐れの中で「最大限の認識」を求めた。

日本の人口のわずか2パーセントがコロナウイルスの予防接種を受けています。

オリンピック聖火は5月1日と2日に沖縄を通過しましたが、トーチリレーはCOVID-19が公道から離れ、観客のいない立ち入り禁止区域に移動しているという懸念に応えました。

東京でのコロナウイルス症例の別の減少は、先週の同じ日の854と比較して、今日報告された649でした。

ゲームのキャンセルを求めるオンライン請願書は、提出される前に350,000を超える署名を受け取りましたが、最近の調査では 京都ニュース 60%がゲームのキャンセルを望んでいたことが示されました。

しかし、国際オリンピック委員会(IOC)は、東京2020大会は計画通りに進むと主張しています。

東京2020オリンピックは、7月23日から8月8日まで、パラリンピックは8月24日から9月5日まで開催される予定です。

READ  米海軍は12月に日本で作戦を開始した。