Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄はCOVID-19緊急事態の下で地域に参加する準備をしています



日本の菅義偉首相が2021年5月18日に東京の彼のオフィスに到着(毎日/竹内寛)

東京(京都府)-日本政府は、南島地域での感染が増加する中、COVID-19で非常事態宣言の対象となる地域に沖縄県を追加するための取り決めを行っていると政府筋は木曜日に語った。

沖縄県知事の玉城デニー氏が水曜日に沖縄県知事から県の増設を要請された後、感染拡大が保健システムに負担をかけているため、非常事態宣言下の都道府県の総数は10に増える予定である。

加藤勝信首相は記者会見で、「沖縄県と感染状況や医療への圧力度について情報を共有している」と述べた。

同氏は、「県からの要請により、政府は沖縄の併合を早急に検討する予定だ」と付け加えた。

関係者によると、政府は6月上旬か中旬まで沖縄でこの措置を課す予定だ。

関係者によると、岐阜県を緊急宣言に含めるという州知事の要請は、感染状況が安定していることを考慮して拒否する見込みだという。 対象地域の正式な決定は金曜日に行われます。

菅義偉首相は5月31日まで東京と大阪を含む9都道府県で非常事態宣言を出し、レストランやバーは午後8時までに閉店する必要がある。

沖縄は現在、非常事態宣言が発令されており、知事はレストランに早めに閉店するように指示するなど、ウイルス対策のある地域を特定することができます。 対照的に、非常事態宣言は州全体を対象としています。

県がまだ酒類の提供を禁止していないため、中央政府は当初、沖縄の追加に慎重でした。 しかし、水曜日に州がコロナウイルスの200以上の新しい症例を報告した後、それはその立場を逆転させ、その週の合計は前の週の1.52倍でした。

保健省の専門家委員会は、5月初旬のゴールデンウィーク休暇後、沖縄の若者に感染が広がり、医療制度に負担がかかる可能性があると指摘した。

沖縄は、温暖な気候、ビーチ、独特の琉球文化で人気のある観光地であり、日本での米軍のプレゼンスの大部分をホストしています。

READ  アイオワは現在500万以上のCOVID-19テストを実施しています